このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知っておきたい脱毛の基本情報 せめて部分脱毛だけでも!脱毛サロンで脱毛するべき理由

せめて部分脱毛だけでも!脱毛サロンで脱毛するべき理由

162view

2018.06.07

脱毛は必要ない?

脱毛はあくまで、「自分で処理できるけど、処理しないために行う施術」という考え方も多く、「自分でできるなら、自分でしたら良いじゃない。」と考える方も多いそうです。特に、脱毛を希望する学生さんがご両親を説得するなど、年配の方や男性の方に理解されないことが多いそうですね。

女性からすれば「自分で処理すれば肌荒れするし、ほぼ毎日しなきゃいけないんだし、面倒だし肌に悪くないしダメなことたくさんあるんだよ!!」と言いたくなってしまいますよね。それでいて男性は特に、「女性のムダ毛許せない」という方が多いのも事実です。許せないと言うのであればそれ相応の苦労や努力を知ってて欲しいものです。

さて、このように脱毛は必要ないと考える方も多く、それは女性でも考える方がいるみたいです。「脱毛にお金をかけるなら痩身に」「脱毛するならエステしたい」こんな感じですね。脱毛を完全に否定する方はさすがに少ないですが、どうしても脱毛の優先順位が下がるようです。

しかし、筆者はここで「綺麗になりたいのであれば脱毛をするべき」ということを主張したいと思います。脱毛は、ただ毛を薄くさせて手入れの頻度を下げるだけでなく、美容面でも衛生面でも非常に良い効果を持っているからです。

そこで今回は、脱毛をするべき理由を筆者なりにまとめてみたいと思います。

脱毛をすると得られる良い効果

自己処理による黒ずみの軽減

自己処理暦数十年。なんだか毛穴が目立った気がする・・・。そんなことを思った方は多いと思います。剃れば毛が濃くなるという都市伝説もよく言われますが、毛穴が黒くなる理由には色素沈着が挙げられます。色素沈着とは、剃刀などの刃の刺激で毛穴がダメージを受け、メラニン色素が生成されたことによって毛穴が黒っぽく色づいてしまう現象です。

メラニン色素というと紫外線のイメージが強いと思いますが、メラニン色素とは本来ダメージを受ける事によって生成される色素です。つまり、紫外線のダメージを浴びたからというわけではなく単に「肌がダメージを受けたから」色素が作られるのです。

そのため、普段の自己処理で毛穴をひどく傷つけた自己処理の仕方(剃刀・毛抜き・脱毛テープなど)をしている方は、メラニン色素の生成により毛穴が黒く見えてしまってるのです。

これは、自己処理を続ければ続けるほど酷くなります。つまり、脱毛をすることによって自己処理する頻度が格段に減りますので、毛穴のダメージが改善されて黒ずみの改善にも繋がります。もちろん紫外線ケアや保湿など肌のケアは欠かせませんが。

脱毛をしてから肌のトーンが明るくなったと言う方がいますが、そのような方々は肌に与えていたダメージが減ったことや、剃刀などでボロボロになった角質が整えられ保湿しやすい肌になったために肌のコンディションが良くなかったからなのです。つまり、脱毛は美白ケアにも効果が期待できるのです。

肌荒れを防ぐことができる

自己処理をしていると、毛穴の黒ずみや角質の破壊だけでなく、毛穴を傷つけて毛嚢炎などの炎症を起こしたり、単純に肌を剃刀で切ってしまうなどの怪我など肌トラブルが耐えません。最近では除毛クリームによるかぶれや痒みなどもよく言われますね。

自己処理はたった数日間のツルツルの肌を手に入れる代わりに肌荒れのリスクを高め、ダメージが蓄積された肌は、今は良くても10年後・20年後には恐ろしい事になっているはずです。しかし、脱毛をすることによって自己処理の回数が減れば必然的に肌荒れのリスクも下げることが出来るので、一気に美肌に近づくことが出来るのです。

自己処理グッズの購入数が減る

自己処理の頻度は個人差がありますが、大体3日に1回程度だと思います。少ない人は1週間に1回、多い人は毎日という方もいると思います。脱毛をしない人の理由の一つに「お金がもったいない」があります。

しかし考えてみてください。1回買うには安いかもしれない剃刀や除毛クリームなどが、ムダ毛が気にならなくなる年までずっと買い続けるとなったら、総額いくらになると思いますか?全身脱毛12回の相場は大体18万から25万程度です。筆者の予想では、ほぼ一生ムダ毛処理をする費用の方が高くなると思います。

美容脱毛であれば「完全に生えてこない」ということにはなりませんが、それでも数週間に1回程度のお手入れで済むようにはなります。そのため、10年・20年のスパンで費用を考えたら脱毛の方が確実にリーズナブルになると考えられます。

脱毛するべき部位

いきなり全身脱毛は抵抗がある方が多いと思います。今、多くの脱毛サロンでは部分脱毛と呼ばれる自分の好きなパーツだけ脱毛できるというコースもあります。それなら全身脱毛よりも遥かにリーズナブルですし利用しやすいと思います。そこで、美容面・衛生面を考えて脱毛するべき部位を3つ挙げてみました。

VIO

VIOは脱毛するべき部位1位にもなるんじゃないかなと個人的に思います。VIOは細菌が侵入しないために生えている体毛になりますが、生えすぎも良くありません。生えすぎは逆に菌を繁殖してしまい不衛生ですし、匂いも気になります。

匂いに敏感な方は、生理の匂いを服越しに気付いたりするらしいですよ。また、自己処理をするにはデリケートすぎる部位なので、さまざまな肌トラブルが考えられます。

男性目線からもVIOは処理していた方が良いという方が多いそうですし、衛生的・美容的に考えてもVIOはまずした方が良い部位でしょう。

フェイシャル

顔もまた、自己処理するにはデリケートすぎる部位です。理容室などではフェイシャルシェービングなどがありますが、1回あたり1000円は最低かかりますし、それを継続するのは逆に高くつくと思います。

顔の産毛はヒゲと思われたりしますし、化粧ノリの観点からも剃りたい方が多いと思いますが、剃ったことで肌の乾燥が酷くなったり、ニキビが出来たりすることがあります。思い切って脱毛で綺麗にしちゃいましょう。

ワキ

ワキも女性が脱毛したい部位のTOP3には入ると思います。こちらもやはり見栄え的に常に毛を薄くしている方が無難でしょう。ちなみに筆者は、脱毛前の脇の毛は自己処理した翌日にすでに2ミリ程度伸びていました。気付かずにノースリーブを着てしまった時の地獄は相当なものです。

ワキは恥ずかしい思いをしないための美容面でももちろんですが、ワキの匂いが気になる方も剃るべきです。やはり体毛が生えている状態のワキは匂いが分散しやすいので、他の人にも匂いがわかってしまう恐れがあります。こちらも菌を繁殖させやすくなってしまうので、なるべく脱毛するべき部位です。

最後に

いかがでしょうか。脱毛は確かにお金がかかりますし、なんか敷居高いと思うかもしれませんが、将来的に考えると案外コストパフォーマンスが良いですし、なにより肌に良いです。ちなみに肌に良いといっても、レーザーを当てるので肌にダメージを与えているのは間違いありません。

しかし、この先ずっと肌に剃刀や科学成分たっぷりの液体を付けて肌を痛め続けていくか、2年3年定期的にレーザーを当てていくか、どちらが良いでしょうか?一番は何もしないということなのでしょうけど、女子の宿命ですね、せざるを得ません。

しなきゃ恥ずかしい、ならしないといけない。そう思うのであれば、なるべくダメージが少ないほうを選ぶべきでしょう。是非、脱毛がまだの方は一度検討してみてくださいね。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る