このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛のNG例・ダメなこと 少し冷静になってみて!脱毛サロンを乗り換えるデメリットとは

少し冷静になってみて!脱毛サロンを乗り換えるデメリットとは

134view

2018.06.08

脱毛サロンをむやみに変えない方が良い場合も?

今通っている脱毛サロンに不満を持つ人も少なくないと思います。脱毛サロンの種類はどんどん増え続けており、脱毛戦国時代と中には言う方もいるくらい顧客獲得争いが激化しています。中には乗り換え限定のキャンペーンを行うサロンも多く、お得になることもあるので、以前の記事では「脱毛サロンの乗り換えを検討すべき!」ということでメリットを挙げていきました。

しかし、本当に良いことづくしなのか?デメリットはないのか?そこを今回は説明したいと思います。何事も100%メリットだけというのは有り得ません。

どちらかと言うと、乗り換えをする時に気をつけたい既に利用中の脱毛サロンの対応に重点を置いているような感じもしますが、今回は脱毛サロンを乗り換えた場合のデメリットと、契約内容を確認することの重要性をご紹介します。

脱毛サロンの乗り換えによるデメリット

解約金を支払う・返金なしなどのペナルティ

脱毛サロンの料金システムも多様化しているので、今まで施術費用一括支払いだったのものも、現在では施術費用分割制・月額制・回数制・都度払い制などたくさんあります。一番脱毛サロンで考えなければいけない点は、「止めたときに発生する費用や、サロンの対応」です。皆さんの身近にある携帯電話で例えてみます。

携帯電話を乗り換えたことがある人・解約したことがある人は多いと思います。その時に、「携帯電話を解約したい」と言うと、「更新月ではないので、解約金が1万円ほどかかります。」と言われたことがあるのではないでしょうか?携帯電話も2年など年単位で使用することを考えるとシステム的には脱毛サロンと似ているんですよね。

そして、年単位で使っていると解約金の説明を忘れてしまい、「そんなの聞いていない!」とスタッフと揉める流れになります。

このように、携帯電話で言う解約金と同じように、脱毛サロンの契約内容によっては解約金が発生する場合があります。ちなみにこれは、月額制の方に多いパターンです。又は、何回分が終わるまで止めることができないと回数を指定されている可能性もあります。

もっと酷いと、一括で施術費用を支払ったお客様が返金対応を一切されなかったというケースも考えられます。肌トラブルがあるなどの事情があれば返金対応を行うというサロンが多いですが、「ここ嫌だからあっちに乗り換えたい。」という理由では返金されないかもしれません。

そのため、乗り換えるのは良いですが今利用しているサロンでペナルティが発生する可能性も視野に入れておく必要があります。

施術方法が肌に合わないなどのトラブルも

サロンによって導入している脱毛機器は異なります。同じ機器をつかっているサロン同士もあるかもしれませんが、多くはこだわって選んだ当店オリジナル、というように宣伝しているので、ほとんど異なると思って良いでしょう。脱毛機器の性能や効果もアピールポイントになるので、汎用性の高いものはかえって目立たないのかもしれません。

確かに、どのサロンの機械も良さそうに聞こえますが、良さそうに聞こえるだけで自分の肌は拒否反応を起こすということも考えられます。せっかく乗り換えたのに、そこのサロンの施術方法が合わずに肌荒れしてしまって利用できないというケースもあるでしょう。

事前に防ぐためには、体験コースなど初回のお試しを利用してみるしか方法はありません。1回は大丈夫でも続けていたら症状が出てきたということも考えられます。「やってみなきゃわからない。」という次元の話にはなってしまいますが、このようなトラブルも事前に想定しておくべきでしょう。

目先の利益だけの可能性も

今利用している脱毛サロンを止めるとき、それなりにペナルティがあるかもと前述しました。もちろん他のサロンも、既存のお客様も離さないために色々策を使っているのはわかっていると思うので、「乗り換えキャンペーン」と呼ばれるものを提供しています。例えばそれはキャッシュバックだったり、旅行プレゼント、高価なアイテムのプレゼントなどさまざまだと思います。

「これはすごい!」とすぐに飛びついてしまうのはおすすめできません。何故なら、それはあくまで目先の利益でしかない可能性があるからです。たとえば、「うちに乗り換えてくれれば3万円キャッシュバックしますよ。」と言われ契約したところ、利用中のサロンで20万の施術費用の返金がされないとします。

すでに10万円分は施術していますが、残りの10万分はまだ施術していません。しかし返金はされないので、3万円のキャッシュバックを加えたとしても7万円マイナスになってしまうということです。

このように、初期費用や乗り換え後の施術費用などを加味すると、金銭的にそこまで得しないという可能性も考えられます。「もう本当にいやだからそれくらい払う!」というのであれば問題ありませんが、コスト的な問題で不満に感じ乗り換えを考えている方は、本当に得になるのか自分で一度計算してみる必要があります。

今利用している脱毛サロンの契約内容を確認して!

スタッフと話す前に契約内容の確認

「乗り換えしたいから今の脱毛サロンを止めたい!」と考えたときに、真っ先に利用中の脱毛サロンに問い合わせをする人が多いと思います。しかしそれは少し待ってもらいたいです。というのも、事前に契約内容を確認して欲しいからです。脱毛サロン側としては顧客を失いたくなくて当然ですよね。

中には、あることないこと適当に言って阻止するという悪質なケースも見られます。例えば、返金できるのに「返金できませんよ。」と言ってみたり。お店のスタッフだけでなく、コールセンターなども同様です。

ほとんどが「どうせそこまで調べてないだろう。」という考えからくるものなので、事前に契約内容を全て把握しておけばそれは武器になります。長くて面倒だと思いますが、一度契約時にもらった書類はすべて読み直しましょう。

契約内容に書いてあることを「知らない・聞いていない」はNG

「契約時に話したと思いますが、」と言われたことでも、契約の書類に書かれていないことは必ず言及してください。契約の書類にお客様はサインしていますが、あくまで「この書面を読み、理解して契約します。」という意味になります。

つまり、契約書類に書かれていないことにサインをしたわけではありません。自分で見つけられない場合は、「契約書のどこに書いてあるのか教えて欲しい。」と言いましょう。

反対に、契約書に書いてあると言われ、本当に書いてあったとしても「いや、スタッフから説明されていない。」という言い訳はNGです。このようなお客様は多いみたいですが、スタッフが説明した内容に含まれて居ないということに関しては、スタッフとお客様の間で「言った・言わない」の争いにしかならないんですよね。

それに、契約書にそれが書かれており、サインをしている時点で「私は契約に納得しました。」と証明しているものです。この場合は諦めてください。また、こんなことがないように契約時にはどんなに急かされても契約書を隅々まで読みましょう。むしろ契約書を読むことを急かすようなサロンは契約しない方が良いです。

最後に

脱毛サロンの乗り換えのデメリットということですが、乗り換えるときの注意点も含まれていると思います。契約事には揉め事が付き物なので、事前に契約内容をしっかり把握しておくことと、乗り換えて本当にお得になるのか、満足するのかと言うことを慎重に考えることが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る