このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知っておきたい脱毛の基本情報 失敗?脱毛サロンを利用して失敗したという声をまとめてみた

失敗?脱毛サロンを利用して失敗したという声をまとめてみた

脱毛サロンで失敗したと感じる時

施術後に火傷や毛嚢炎になった

脱毛サロンで使用される機械は光脱毛と呼ばれる微弱な光を利用したものです。レーザー脱毛に関しては、医療に従事している者しか使用できないとされており、基本的にレーザー脱毛は医療脱毛で使われます。

光脱毛はレーザー脱毛と異なり、痛みも少なく肌トラブルのリスクも少ないと言われていますが、脱毛サロンによっては施術後に肌が火傷してしまったり、毛嚢炎などの皮膚トラブルになったというケースをよく聞きます。

元々、光脱毛は若干の熱を感じる機械なので、低温火傷のリスクは確かにありますが、本当の火傷症状が出たとなると機械のパワーの強さが考えられますよね。

施術後に高い化粧品を強引に勧められた

担当者を選ぶことに失敗してしまったとも言える内容ですが、脱毛サロンもスタッフそれぞれにノルマがあるお店も珍しくありません。また、そのノルマを達成する事によって給料があがるなどのプラス効果が見込めることから、ノルマをクリアしようと必死になるスタッフも多いです。

しかし、ノルマを達成しようとするあまり、お客さんの目線に立って考えることが出来ないスタッフもいますので、必要以上の大きなプランを強引に勧めてきたり、施術の度にアフターケアに良いということで化粧品を勧めてくるなどのセールスに疲れてしまったという方もいます。

あくまで脱毛サロンもセールスなので、ある程度の商品のお勧めやプランのお勧めなどは、「きっとこれを獲得しろと言われてるんだろうなぁ、大変だなぁ。」程度で避けることができる方が多いと思いますが、中には高圧的な態度をとるスタッフ、商品知識はあっても保証面などお客さんが知りたい内容の認識が曖昧なスタッフなど、同じ店でも様々なタイプのスタッフがいます。

しかし、スタッフ=その脱毛サロンの顔とも呼べるべき存在なので、威圧的な営業トークや強引な勧誘などは、その脱毛サロンの在り方であると考えられます。

脱毛したのに逆に毛が生えてきた

信じられない話ですが、脱毛した後に毛が減るのではなく、毛が逆に増えてしまったという方も実は存在するのです。もちろんスタッフは脱毛して綺麗になるように施術を施したはずです。しかし、脱毛機器に使われている光脱毛の光が、逆に毛根を刺激してしまい、生えなくなるどころか立派な体毛が生えてくる始末になってしまったと言われています。

しかし、光脱毛が原因とは考えられていますが、その詳しいメカニズムなどは一切わかっていない状態なのです。ただ、育毛効果があるというのは間違いないそうで、実際に薄毛に悩んでいる方に光を当てたところ髪が生え始めたという話もあるくらいなのです。

恐らく、毛根を破壊しようとしている光脱毛の光を受けたことによって、体が「まずい!回復しないと!」と一気に回復を見せたために毛が生えたのではないかと考えています。ダイエットで極度な食事制限をしたときに「このままでは死んでしまう!」と体内に吸収するカロリーが増えてしまう現象と似ているかもしれませんね。

施術前に剃り残しがあって追加料金を取られた

意外に多いものが、施術前に剃り残しを指摘され、再度除毛するということでスタッフから別途2,000円程度の追加料金を取られたと言う方です。脱毛の施術前は基本的に剃り残しがないように綺麗に除毛してから来店するようにと言われます。しかし、自分ではしっかり綺麗にやったつもりでも、剃り残しがあったスタッフから注意される方も多いそうです。

その注意の仕方もスタッフによってさまざまで「全然じゃないですか。」と高圧的に言ってくる方もいるとか・・・。仕方ないですよね、こっちも素人なんですから。ただ、サロンによっては追加料金を支払ってスタッフに剃り残しを綺麗にシェイバーで剃らされることもあり、予想外のところで出費が出てしまったとう方も少なくありません。

また、脱毛サロンで使われるシェイバーの刃に対しても「他の人が使った後ではないのか?」と感じ、同じシェイバーを他の人と共有していると思い感染症などに対して不安に思う方も少なくないそうです。気になったらすぐに聞いてみたほうが良さそうですね。

忙しくて全く行けなかった

脱毛サロンは、毛が全く目立たなくなるまで2年はかかると言われています。その2年の間に何があるかはわかりませんが、そもそも時間があまり取れないのに一括で施術費用を支払ってしまい、忙しくて予約が取れずあまり行けなかったという方も少なくありません。

一括で施術費用を支払っているのであればまだ良いのですが、月額制の場合ペナルティが厳しい脱毛サロンも非常に多いです。例えば予約日に行くことができずキャンセルすると、ペナルティが課せられ、その月に行けなかった予約の日も「脱毛を受けた」と見なされ1回分としてカウントされてしまうのです。

そのため、行けなかった月も行った月も同様に月額料金は引き落としされるため、気付いたらかなり高い額を払っていたということも考えられます。

失敗してしまった原因

担当者の経験不足

失敗してしまった原因で考えられるのは、施術を担当したスタッフの経験不足や知識不足が挙げられます。特に、契約の段階で「こんな話じゃなかったはずだけど・・・?」「わからないこと聞いても考えて調べてばかりだな・・・。」というスタッフは、残念ながら知識不足である可能性が非常に高いです。

また、施術時も同様で、過度に光を当てすぎていたことで肌トラブルが招かれるなど、スタッフの技術力が足りないことが原因である点も考えられます。

しかし、脱毛サロンも他の会社と同じで新しい人が入ってくることはよくありますし、経験のために接客をやらせるのは当たり前です。スタッフの技術量や知識量を知るためには。わからないことはしっかり聞く、施術をどのように行うのか具体的に聞いてみるのもおすすめです。

「脱毛の施術を始めて長いんですか?」という質問も、スタッフのキャリアを知ることができますが、新人だからといってベテランより施術が下手ということは100%ではありません。ベテランでも上手ではない人もいるのでしっかり見極めましょう。

肌質が合わなかった

スタッフの技術力もありますが、自分の肌が脱毛の施術に合わなかったという場合も考えられます。特に敏感肌や乾燥肌の方は、普通肌の人よりもダメージを受けやすいので、必要以上にダメージを受けて肌荒れしてしまう方も少なくありません。この場合は、しっかりと事前に体験コースなどを経て、自分の肌に使っても問題ないか知ることが大切です。

施術前後のケアを怠った

基本的に、施術前は念入りにムダ毛処理を行いますし、施術後はしっかりと保湿をしたり紫外線から肌を守るなど、アフターケアに注力します。しかし、中には大雑把な方も多く、「これくらいで大丈夫でしょう。」と考えてしまう事によって、施術前に追加料金を取らされ脱毛サロンでムダ毛処理が行われたり、施術後にまったくケアをしなかったことで次の施術後に肌トラブルに見舞われるということも考えられます。

体験コースで事前に脱毛サロンの施術や雰囲気を知ろう!

以上が脱毛サロンを利用して失敗したと多くの方が感じる時と、その原因です。原因にはスタッフ側の不備の可能性も含まれますが、自分の肌質をしっかりと熟知していなかったり、スタッフの指示をあまり聞かず適当なケアをしてしまうなど、顧客側にも原因がある場合もあります。自分の管理をしっかりと行うことが大切ですね。

スタッフや脱毛の施術方法が合うかどうかに関しては、事前に体験コースである程度の雰囲気や施術レベルを把握することができます。すぐに本契約を結ぶのではなく、まずはお試しとして体験コースを受けてみるようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る