このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛を徹底比較・徹底検証! 徹底比較!!医療脱毛と脱毛サロンどちらが良い?

徹底比較!!医療脱毛と脱毛サロンどちらが良い?

121view

2017.11.03

結局どちらが良いの!?医療脱毛と脱毛サロン

脱毛と言って連想されるのは、永久脱毛と呼ばれるほぼ全く毛が生えてこない状態ですよね。脱毛=永久脱毛というイメージが非常に強いですが、残念ながらそうではありません。脱毛には大きく分けて二つの種類があり、医療脱毛と脱毛サロン両方で脱毛を行うことが出来ます。

しかし全く同じ内容を行うのであれば、わざわざ医療脱毛と脱毛サロンと名称を分ける必要はないですよね?医療脱毛と脱毛サロンの違いは簡単に言うと、医療脱毛は医療従事者しか行うことができないということに対し、脱毛サロンはエステなどと同じように医師免許がなくても脱毛ができるサービスなのです。

ぱっと見た感じで言うと、医療脱毛の方が専門性も高く安全に見えますが実際どうなのでしょうか?今回は医療脱毛と脱毛サロンを徹底的に比較してみようと思います。是非参考にしてください。

医療脱毛のメリット

回数が少ない

医療脱毛の大きなメリットは、脱毛完了までに通う回数が非常に少ないという点です。全身も部分脱毛も平均して8回程度で脱毛完了させることができると言われており、通う頻度が少ないので楽だと感じる人が多いそうです。

医療脱毛の回数が少ない理由は、使用している脱毛機器にあります。医療従事者しか使えない脱毛機器は専門性も非常に高く、脱毛サロンの脱毛機器と比べるとパワーも非常に強いです。そのため、少ない回数でもしっかりとした脱毛効果を感じることが出来るのです。

永久脱毛にすることができる

医療脱毛は、強い出力のレーザー脱毛をメインとして取り扱っており、前述の通り脱毛サロンよりも格段に高いパワーを誇ります。そのパワーは毛根を完全に破壊することができるレベルと言われており、唯一永久脱毛が可能だと言われています。永久脱毛は全く自己処理の必要がなくなる女子の憧れですよね。そんな永久脱毛を叶えることができるのが医療脱毛なのです。

医療脱毛のデメリット

金額が非常に高い

医療脱毛のデメリットは金額の高さです。基本的に全身を完了させるまでの費用は50万から100万近くかかるクリニックが多いです。相当高い金額ですし、例え分割で組むにしても先が遠くなりそうな感覚がしますよね。

このように、医療脱毛は費用の高さから全ての女性が気軽に受けられるというわけではありません。専門性が高い分料金が高いことは頷けますが、下手すれば中古車が買えてしまうくらいの金額には驚きです。

痛みなどが強く伴う場合がある

医療脱毛は脱毛サロンに比べて強い出力の機械を使用することから、痛みや肌の炎症なども脱毛サロンの比ではないくらいになると言われています。最近は痛みが軽減された機械も多く導入されていると言われていますが、それでも医療脱毛の痛さは痛みに弱い方にとって耐えられるものではありません。また、肌の炎症などの肌トラブルも多いと言われています。

術後の経過としては正常な反応だと言いますが、「本当にこれで大丈夫なのかな。」と不安になる方も多いと言われています。医療脱毛も医療機関の一環なので、肌の炎症が酷い場合などはその場で処置を施してもらうことができるそうです。その辺りはさすが医療関係だなと思いますが、できればノーリスクで行いたいですよね・・・。

脱毛サロンのメリット

刺激が少なく肌に優しい

脱毛サロンのメリットは、刺激が医療脱毛に比べて非常に少ない点が挙げられます。その分医療脱毛に比べて脱毛機器の威力は下がりますが。続けていけばほとんど目立たないくらい薄いムダ毛にすることができますし、お手入れの頻度も1ヶ月から2ヶ月に1回程度で済むようになります。

脱毛サロンも光脱毛と呼ばれる弱い光を肌に当てるので、火傷のリスクがないと言えば嘘になりますが、トラブルの程度も頻度も医療脱毛より遥かに少ないです。また、脱毛サロンは医療機関ではないですが、基本的に提携しているクリニックがあります。

何かあった時にはこのクリニックに行くようにと案内があるので、提携しているクリニックを紹介してもらえることも安心できますよね。

費用がリーズナブル

脱毛サロンは費用が大変リーズナブルです。全身脱毛をほとんど目立たない状態まで仕上げるために必要な費用は、大体20万から40万程度と言われており、医療脱毛の半額以下の価格で受けることができるのです。

また、施術費用を一括支払いする必要もなく、分割払いや回数制、月額制など料金プランもさまざまなので、より多くの女性が利用しやすいシステムになっているんですよね。

脱毛サロンのデメリット

通う回数と完了までの期間が長い

脱毛サロンのデメリットは、通う回数と完了までの期間が長いという点です。ほとんど毛を目立たなくさせるためには12回ほど通うことが必要とされており、期間で言うと最低2年はかかる計算になります。

また、全身を数回に分割して施術を行うサロンもあるので、その場合はさらに時間がかかってしまいます。2ヶ月に1回のペースで約2年通う必要があるので、女性の中には「面倒くさい。」「飽きてきた。」など途中でうんざりしてしまうこともあるそうです。

効果は弱まるので、永久脱毛にはならない

医療脱毛と異なり、脱毛サロンは医療機関ではありません。そのため使える機械も医療脱毛より弱い出力の機械となります。そのため、医療脱毛のようにほぼ100%永久脱毛をするということができません。

脱毛サロンの限界は、毛が目立たなくなり、自己処理の頻度がかなり減るくらいまでのレベルです。正直コスト面も医療脱毛と比べものにならないくらい安いので、金額の安さを考えたら妥当なレベルなのかもしれません。

最初から医療脱毛をやる必要はない

以上、医療脱毛と脱毛サロンのメリット・デメリットでした。結論から申し上げると、永久脱毛にこだわりを持ち、体毛すべても根絶やしにしたい!と強く思う人でなければ、医療脱毛を行う必要性はないと思います。私も脱毛を12回やっていますが、今では手入れは1ヶ月に1回程度、生えてきても薄くて全く気になりません。

ある程度肌がツルツルになってほしい・お手入れの頻度を減らしたいという程度の目的であれば、50万や100万もする医療脱毛を最初から始める必要性はまったくないです。

まず脱毛サロンを試してみて、完了して毛の生え具合や手入れの頻度を確認した後に、「やっぱり物足りない。」と思ったら医療脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。案外脱毛サロンでも効果は十分ですよ。

最後に

いかがでしょうか。今回は医療脱毛と脱毛サロンのメリット・デメリットについて解説しました。医療脱毛と脱毛サロンの明確な違いを知らない方は多いと思いますが、金額の安さ・痛みの少なさ・仕上がりの満足度を考えると私個人の意見としては脱毛サロンの方が良いと思います。

脱毛サロンも永久脱毛となれば1年半程度は通う必要があるので、脱毛サロンとあまり変わりません。何より一番良いのは痛みが少なく、ゆっくりとしたペースで脱毛が行われることです。本来毛が生えるという流れに逆らって脱毛するのですから、完了まで早すぎるのも本当に体に害はないのかと感じてしまいます。

だからこそ医療従事者しか使えないのだと思いますが・・・。医療脱毛は費用も高いですし、必ずしもすぐにやす必要はないと思います。脱毛の流れは医療脱毛も脱毛サロンも変わりは無いので、まずは脱毛サロンで試してみてから医療脱毛に変えてみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る