このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛を徹底比較・徹底検証! ジェルはあった方が良い?ジェル無し脱毛のメリット・デメリット

ジェルはあった方が良い?ジェル無し脱毛のメリット・デメリット

103view

2018.06.03

ジェル無し脱毛とは?

脱毛と言うのは、基本的に体にジェルを塗り、ジェルを塗った上からレーザーを当てて毛を焼いていく手法で脱毛が行われます。筆者も脱毛はジェルを塗ることが普通だと思っていたので、ジェル無しで行う脱毛があるということに驚きました。

ジェル無し脱毛と聞くと、なんだかジェル有りよりも熱そう、痛そうといったイメージがありますが、実際はどうなんでしょうか?

脱毛サロンが採用している施術方法としては、やはり圧倒的にジェル有り脱毛がほとんどですが、ジェル無し脱毛も一部では需要があるとのこと。一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、ジェル有り脱毛とジェル無し脱毛のメリット・デメリットを比較してみました。今後脱毛を考えている方、現在脱毛に通っており不満を持っている方などは特に参考にしていただければ幸いです。

ジェル無し脱毛のメリット・デメリットとは?

ジェル無し脱毛のメリット

ジェル無し脱毛のメリットで一番挙げられるのは、施術後の不快感が少ないと言う点です。元々ジェルが塗られないので、べたべたとした違和感を持つことなく施術後も快適に過ごせます。

また、ジェルを塗る時間もないので、ジェル有り脱毛よりもスピーディーに施術が行えるという点も挙げられます。ジェルを塗る時間って結構かかっているんですよね。あの時間が短縮されるとなると、確かにもっとスピーディーに終わるんじゃないかなと思います。

そして、痛みに関しても脱毛箇所を局部冷却してから脱毛を行うので、一気に神経が冷えて麻痺した感覚になることから、痛みもジェル有り脱毛よりも少ないという声が多いです。ジェルを塗らずに直接レーザーを当てると聞いていたので、痛みは強いのでは?と思っていましたが、どうやら一気に患部を冷却してレーザーを当てるようですね。

しかも全身にジェルを塗るわけではないので、ジェルのじんわりとした寒さも持続しません。脱毛サロン特有の寒さを感じにくい点も非常に魅力的です。ジェル無し脱毛は、ジェル有り脱毛で不満に思っていたことを解決したような脱毛方法なのかもしれません。

ジェル無し脱毛のデメリット

ジェル無し脱毛のデメリットとしては、ジェルを介してレーザーが当てられるわけではないので、ダイレクトに毛が焼けるような感覚になります。そのため、毛が焼ける焦げ臭いような匂いがちょっと気になる・・・という方もいるみたいです。

その匂いは施術後も続くことがあるそうなので、匂いに敏感な方や脱毛後に人に会うという場合は「ちょっといやだな・・・。」と感じるかもしれません。

また保湿成分が含まれたジェルが塗られるのではなく、直接肌にレーザーが当てられるので、乾燥肌のリスクは通常のジェル有り脱毛よりも高まるみたいです。普段から乾燥肌で悩んでいる方はあまりオススメできない方法かもしれません。

一方で、乾燥肌であるということを事前に相談すれば、施術前に保湿クリームやローションを塗ってくれるサービスがある脱毛サロンもあるそうです。乾燥肌が気になる方は、カウンセリング時に一度相談してみてはいかがでしょうか?

ジェル有り脱毛のメリット・デメリットとは?

ジェル有り脱毛のメリット

ジェル有り脱毛のメリットは、保湿成分の含まれたジェルを塗られながら脱毛が行われるので、肌ダメージを軽減でき、肌を保湿しながら脱毛できるという点が挙げられます。脱毛サロンの中には、美容に特化したジェルを使用しているサロンもあるので、脱毛をしているだけなのに「なんか肌が綺麗になった・・・?」と感じる方もいるみたいです。

ジェルには香りつきのものもあるので、施術後の毛が焼けた匂いなどの不快感も軽減されます。ジェルを塗った上からレーザーを当てるので、気持ち的にも「肌が守られている・安全に脱毛できる」と安心して施術を受けられやすいので、リラックスできるのではないでしょうか。

ジェル有り脱毛のデメリット

ジェル有り脱毛のデメリットは、施術が終わった後の不快感です。脱毛後はシャワーを浴びることができません。(肌はいわば火傷状態なので、温かいシャワーは肌の炎症を悪化させてしまいます。)スタッフが体についたジェルを拭き取ってくれますが、拭き取っただけではベタつきが全部なくなるわけではなく・・・。

終わって服を着た後もべたべたしたり、言いようのない不快感がある可能性が高いです。脱毛後に外出や予定がある方は少し苦痛かもしれません。

そして、脱毛サロンのジェルは冷却効果があるので全身塗るとすごく寒いです。コレだけ寒いなら痛いほうが良いという人もいるくらいです。ジェル無し脱毛のように局所冷却ではなく、じんわりと冷えているだけなので、脱毛の痛みもジェル無し脱毛より強いみたいです。

筆者も実際全身にジェルを塗って、最初は問題なかったのですが、後からすごく寒くなったのを覚えています。肌を冷やすことが目的なので、部屋もそこまで暖かくすることはできません。そのため、施術を行う90分から120分ほど、ずっと寒いままでした。

ジェル無しとジェル有りで効果は異なるのか?

一番気になるのは、ジェルがあるかないかで効果に違いが見られるのか?という点だと思います。どちらかと言うと、壁を一枚作ってレーザーを当てているジェル有りの脱毛の方が効果は薄れそうな気がしますが、どちらも効果は全く変わらないみたいです。そのため、選ぶ基準としては「どちらが自分に合っているか?」ということになってしまいます。

筆者が調べた内容をざっとふまえてみると、ローションを塗るサービスはあると言っても乾燥肌の人はジェル無し脱毛を避けるべきなんじゃないかな?と思います。あと冷え性であったり寒がりの方も、ジェル有り脱毛の場合寒さに耐えられず施術を受けるのを辞めてしまうという可能性も考えられます。

後は脱毛後に何か予定があることが多い人(2年は最低でも通うと思うので、どうなるかわかりませんが・・・。)、特に休日に脱毛に行こうと考えている方は、焦げ臭いのと嫌かベタベタのどちらが嫌かで選ぶものが変わってくると思います。

どちらの脱毛も、恐らく初回体験や限定キャンペーンなどで安く、または無料体験として脱毛を受けられると思うので、一度試しにどちらも受けてみることをおすすめします。ジェル無しとジェル有りを知ることで、「自分にどちらが合っているか」ということがわかると思いますし、今回ご紹介したメリット・デメリットよりもさまざまな発見があるかもしれません。

最後に

いかがでしょうか。現在ではジェル有りの脱毛方法を採用しているサロンがほとんどですが、べた付きや寒さが嫌な方を中心にジェル無し脱毛の需要が高まっているみたいです。とは言っても、ジェル無し脱毛の数はまだまだ少ない状態なので、基本的にはジェル有り脱毛が主流だと思います。

しかし、「百聞は一見にしかず」なので、これから脱毛をしようと考えている方は、是非両方を体験してみてどちらの脱毛にするか決めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、最近ではジェルの冷たさも軽減されていると言われています。寒さがかなりお客さんからネックに思われているようで「寒くない」ということを謳っているサロンもあります。寒さが苦手な方は、寒すぎないと言われている脱毛サロンで一度体験してみることもおすすめです。是非チェックしてみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る