このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛を徹底比較・徹底検証! 家庭用脱毛器は買い?脱毛サロンとの比較とメリット・デメリット

家庭用脱毛器は買い?脱毛サロンとの比較とメリット・デメリット

136view

2017.10.11

家庭用脱毛器と脱毛サロン、どちらが良い?

脱毛に対するニーズは年々高まっていますが、家庭用脱毛器と脱毛サロンどちらにしようが悩んでいる人も多くいます。家庭用脱毛器は安く気軽に脱毛ができるイメージがあり、脱毛サロンは高額で手が出しにくいというイメージを持つ人が多いですが、家庭用脱毛器は買うべきなのでしょうか?

家庭用脱毛器が脱毛サロンと同じ脱毛効果を期待できるのであれば、家庭用脱毛器は是非入手しておきたいアイテムですよね。そこで、今回は脱毛サロンと家庭用脱毛器のメリットとデメリットを比較し、家庭用脱毛器を買うべきなのか検証しました。

家庭用脱毛器のメリット

自宅で手軽に脱毛が出来る

家庭用脱毛器は、家庭で気軽に使うことが出来ます。わざわざ予約を取ってサロンへ通う必要も無く、空き時間に家で脱毛が出来るので、周囲の人々にバレたくないという人にもおすすめです。

家で好きなように脱毛することができるので、自分の気になる部分を自分の好きな時に処理ができるという点も、使い勝手が良く重宝されます。家庭用脱毛器もそこまで大きいサイズのアイテムは少ないため、収納しやすく旅行などにも気軽に持って行くことが出来ます。

安全で肌に優しい

家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療脱毛と比べて出力が弱めに作られています。そのため、18歳以上の方であれば気軽に使うことができ、過度なダメージを与えず安全に使うことが出来ます。自分で処理をするとなると、肌トラブルの可能性を考えてしまいますが、正しい方法で家庭用脱毛器を使用すれば肌トラブルを軽減させることが可能です。

家庭用脱毛器のデメリット

間違った使い方をしてしまう

家庭用脱毛器のデメリットは、説明書がついているだけなので、間違った使い方をしてしまう可能性があるということです。つい我流になってしまい、例え出力が弱くても、肌を傷つけたり火傷をしてしまう危険性もあります。また、お子さんがいるご家庭では、お子さんが誤って触ってしまったり、興味本位で使い火傷してしまう、というリスクもあります。

ご高齢の方がいるご家庭でも誤って触ってしまうという可能性も考えられるため、使用の際は終わったらすぐに片付ける、熱がある状態で放置しないなど、十分注意する必要があります。

出力が弱く、脱毛に時間がかかる

出力が弱い点は肌に優しいというメリットですが、同様に脱毛時間が長くなるというデメリットも兼ね備えています。一人でひたすら脱毛をし続けなければいけないので、ある程度忍耐力のある人が適しています。また、脱毛に時間がかかり、ひたすら脱毛をしなければいけないということで、3日坊主で終わってしまう可能性もあります。

脱毛の準備から脱毛、冷却、片付けまで全て自分で行う必要があるので、面倒になりいつの間にか押入れの中に収納されているという結果に繋がります。

アフターケアを全て自分で行わなければいけない

脱毛サロンであれば、施術後にクリームなどを塗るサロンが多く、脱毛した肌のケアをしっかりと行います。そして、施術後は紫外線に浴びないようになど、日常生活での肌のケア方法を細かく指導してもらえます。しかし、自分で脱毛をした場合、施術後のアフターケアから日常生活のケア方法まで全て自分で調べて実践しなければいけません。

脱毛を行った後の肌はとてもデリケートなので、少しのダメージも肌荒れの原因となります。そのため、最初から最後までしっかりと肌を労わりながら脱毛をする必要があるので、かなり手間がかかります。

脱毛サロンのメリット

プロによる施術で安心できる

脱毛サロンは、脱毛のプロによって施術が行われます。自分で説明書を読んで使い方を学ぶ家庭用脱毛器と異なり、プロに任せることで信頼と安心感が生まれます。また、ムラなく綺麗な仕上がりにすることができ、火傷や肌荒れなどの肌トラブルも軽減されます。そして、保湿クリームや美容クリームなどのアフターケアも充実しています。

さらに、脱毛サロンの脱毛器は、冷却力が家庭用脱毛器よりも強いため、家庭用脱毛器よりも素早く脱毛をすることができます。背中やヒップなど、自分では手が届かない部位も人の手によって施術が行われるため、安全に綺麗に仕上がります。脱毛の仕上がりと時間の早さは脱毛サロンが優れているでしょう。

月額制など、1回当たりの支払いの負担が少ない

家庭用脱毛器は、一台数万円の費用がかかるアイテムが非常に多いです。以前は全身脱毛で数十万かかる脱毛サロンの代わりに、家庭用脱毛器が多く購入されていました。しかし、脱毛サロンの高級なイメージは徐々に変化しており、現在では月額制を採用している脱毛サロンが多く、以前よりも脱毛サロンの敷居が低くなりました。

一度に数十万の負担が厳しい人でも月額制であれば払えるという人も多く、脱毛サロンは以前に比べて多くの人に利用しやすいサービスとなっています。脱毛サロンの総額費用と比較すると家庭用脱毛器の方が安価ですが、脱毛の仕上がりを考慮すると脱毛サロンの方がコストパフォーマンスは高いと言えます。

また、脱毛サロンは初回無料などのキャンペーンも多く行っており、通常よりもお得に利用できる機会がたくさん用意されています。体験コースなど、数百円から2,000円程度の格安でお試しできるサービスも充実しているので、数万円の家庭用脱毛器をいきなり購入するよりも、気軽に脱毛サロンを利用できる点も魅力的です。

脱毛サロンのデメリット

予約が取りにくい

脱毛サロンは予約が混み合っていることが多く、予約が取れず結局毛の周期に合わせて行くことが出来なかったということが多いです。特に、仕事終わりや休日など、多くの人が予約を取りたがる時間帯は、とても予約が取りにくいことで知られています。

最近では、別の支店で施術を受けたり、数週間先までネット予約ができるシステムなども導入しており、改善の傾向にあります。しかし、現在でも人気のサロンは予約が取りにくい場合もあるので、少し不便に感じる場合があるかもしれません。

通う手間がある

脱毛は毛の周期に合わせて、1ヶ月から2ヶ月に1回施術を受ける必要があります。そのため、通院する時のように何度も脱毛サロンに通わなければいけません。自宅や職場から近い場所のサロンであれば便利ですが、少し距離のある場所だと面倒に感じてしまうこともあります。

しかし、脱毛の準備から後片付けまで全て自分で行わなければいけない家庭用脱毛器よりも、通うだけで済む脱毛サロンは手軽に利用できるのではないでしょうか。

最後に

家庭用脱毛器は、家で気軽に脱毛ができる便利なアイテムです。出力も弱めに作られているため、安全に脱毛することはできますが、火傷や肌荒れのリスクがあるのでしっかりと説明書通りに使用することが大切です。また、家庭用脱毛器は安全面を重視しているため、脱毛にかかる時間は長く、一人で行うには根気が要る作業となります。

一方で脱毛サロンは、以前の高価な金額のイメージは軽減され、月額制で負担の少ない料金システムが導入されています。家庭用脱毛器は数万円で購入できるのでコストは安いですが、自分で脱毛を行うので脱毛の仕上がりに不安が残ります。

一方で脱毛サロンは、プロの手で綺麗な肌に仕上げることができるので、脱毛の質やコストパフォーマンスを考慮しても、脱毛サロンの方が良いのではないでしょうか。コスト面で家庭用脱毛器を検討していた方は、是非月額制の脱毛サロンも検討してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る