このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 目からウロコ!脱毛のポイント・コツ 脱毛サロンを使わない?体のムダ毛を薄くする方法とは

脱毛サロンを使わない?体のムダ毛を薄くする方法とは

96view

2017.10.26

体のムダ毛は薄く出来る?

毎日ムダ毛の処理をするのはうんざりしますよね。ムダ毛の処理はトラブルが付き物で、つい剃刀で肌を切ってしまったり、クリームで肌が荒れてしまったりなど、綺麗にしているつもりが逆に肌が汚く見えてしまうこともあります。何故女性だけがここまで、と思いますが、最近では男性も毛深すぎることに悩んで処理をするそうですから驚きですよね。

除毛クリームや剃刀、脱毛ワックスなど使用している処理グッズは人それぞれだと思いますが、脱毛サロンや医療脱毛と比べて安いことかも気軽に購入できることが魅力です。しかし、安いとはいえ日々の日課にしているとムダ毛用のグッズの費用もなかなか嵩んで来ますよね。

ムダ毛も体の一部。ダイエットや筋肉トレーニングのように何かをすれば薄くなることはないのでしょうか?できれば目立たないくらい薄くなってくれると嬉しいですよね。そこで今回は、体のムダ毛を薄くする方法をまとめてみました。是非参考にしてください。

ムダ毛を薄くする方法

和食にする

一つ目は和食にすることです。「え?」と思われるかもしれませんが、感じたことはありませんか?日本人の体毛は欧米人に比べて薄いということを。日本人のみならずアジア人の体毛が薄い理由と言うのは古くからの食生活に理由があると言われています。

そもそも毛が抜ける時は、毛穴から体内の老廃物を排出しているといわれています。この毛穴から排出される老廃物は主にお肉を食べる事によって発生するとのこと。つまり、お肉を食べる量が多ければ多いほど毛が濃くなると言うことも納得できますよね。

最近日本人の食事も欧米化が進んでおり、お肉を中心に食べることで体毛が濃くなっている傾向があると言われています。そこで、お肉中心の生活から野菜や穀物、魚などが中心の和食にすることで毛を薄くすることに繋がるそうです。

女性ホルモンを整える

体毛と聞くと男性ホルモンのせいと考える人は多いと思います。ムダ毛が濃くなる原因は体内の男性ホルモンが活性化されるからと言われており、女性ホルモンを活性化させることによって毛が薄くなるということなのです。女性ホルモンを整える方法はいくらでもありますが、まず1つは大豆製品を積極的に摂ることをおすすめします。

豆乳や納豆、豆腐などが良いかもしれませんね。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンを活性化させる効果があります。ただ、大豆イソフラボンは大量に摂取すると逆に悪影響を及ぼしてしまうので、豆乳であれば1日200ml程度に心がけましょう。

また、パートナーとのスキンシップも女性ホルモンを活性化させることに役立ちます。ただ寄り添ってテレビを観るだけでも効果があるそうですよ。または恋愛映画を観たり、好きな異性タレントや漫画キャラクターなどのアニメやドラマ、映画などを観ることもおすすめです。心をトキめかせるということがきっと大事なのかもしれませんね。

ストレスを減らす

ストレスが溜まると男性ホルモンが活性化する傾向にあります。現代社会の女性は仕事、家事、育児と忙しくて自分の時間を持てない人が多いのではないでしょうか。

知らず知らずにストレスは溜まってしまうので、「私大丈夫よ。」と言っている人でも、実はかなりストレスが溜まっているかもしれません。そして、ストレスによる男性ホルモンによって毛が濃くなることも考えられます。

日々ストレスをなるべく溜めないように心がけましょう。ストレスを溜めないということはほとんど無理なので、空いている時間に好きなことをしたり好きな食べ物を食べたり、適度に運動したりしてみましょう。適度な運動は自律神経を整える効果があるので、ストレスを軽減させる事に繋がります。案外悲しい映画を観て思いっきり泣くこともストレス発散になりますよ。

体を冷やさない

体を常に温めることも大切です。特に女性は冷え性が多いので尚更ですね。ゆったりとお風呂に浸かってみたり、普段1枚余分に重ね着してみたり冷房対策にカーディガンを1枚持ち歩いたり、生姜などの温まる食べ物を食べることがおすすめです。また、体内の脂肪が多いと冷えの原因にもなるので、運動がてら筋肉トレーニングすることも良いですよ。

人間も動物と同じように、寒さを強く感じると体毛が濃くなる傾向にあるそうです。恐らく体が勝手に温度調節しようとコントロールしているからでしょうね。私は猫を飼っていますが、猫も冬に近づくにつれて毛が生え変わります。同じように人間も寒さから守ろうと体毛が濃くなるのでしょう。

体の冷えが改善されると代謝アップにも繋がるのでダイエットにも効果的です。肌もスタイルも綺麗になって一石二鳥ですよね!

抑毛ローションを使う

豆乳成分を多く含んだ抑毛ローションと呼ばれるアイテムがあるそうです。除毛用のクリームなどとは異なり、あくまで毛を生えにくくするためのローションとのことで、お風呂上りなどに体に塗れば良いとのことです。

抑毛ローションは私も使ったことがないので何とも言えませんが、口コミの評価でも効果があったという声と効果がなかったという声の両極端でした。豆乳は元々抑毛効果がある成分といわれているので、含まれている成分を考えれば効果があることは想像できます。1度試しに使ってみるのも良いかもしれませんね。

ほとんど目立たなくしたい方は脱毛サロンへ

以上が日常生活に取り入れられるムダ毛を薄くする方法でした。ある程度は毛を薄くすることができるかもしれませんが、やはりほとんど目立たなくなったり、毛の生えるスピードが遅くなるという可能性はほとんど期待できません。日常生活を改善するだけで、全く手入れのいらない肌にはならないでしょう。

ほとんど目立たなくしたい、自己処理の回数を減らしたいということであれば脱毛サロンを利用することをおすすめします。脱毛サロンは高いというイメージがありますが、現在では分割制や月額制など、一度に高額を負担する必要のないプランが多くあります。

全身だけでなく部分脱毛もあり、部分脱毛の場合非常に料金が安いサロンも多い点が魅力です。しかも、脱毛のプロが施術を担当するので、自分で手入れするよりも綺麗になりますし、薄毛・抑毛効果も十分に期待できます。

いきなり脱毛サロンに2年近く通うことに躊躇している方は、まず体験コースから始めてみてはいかがでしょうか。体験コースであれば、格安で1回だけお試し施術を受けることができます。どんな感じなのか掴めると思いますよ。

最後に

いかがでしょうか。今回は日常生活で毛を薄くする方法をご紹介しました。毎食和食やストレス軽減は難しいかもしれませんね。女性ホルモンを整えることに関しては、ムダ毛だけでなく将来赤ちゃんを産む環境を整えたり、月経前症候群や月経中のお腹の痛みを軽減するなどの効果があります。大豆製品を少し意識して食べるだけなので是非実践してみましょう。

また、抑毛目的のローションというものも発売されているみたいなので、興味がある方は是非使ってみてください。

しかし、上記の内容はあくまで完全に毛を目立たなくするわけではなく、ある程度薄くするだけに過ぎません。本当に目立たなくなるまで毛をなくしたいということであれば、脱毛サロンを利用することをおすすめします。脱毛サロンであればプロの手を借りて脱毛をすることができるので、技術面でも肌の健康上も安心です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る