このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛のNG例・ダメなこと 脱毛サロン一択?ムダ毛を自己処理すると発生しやすい肌トラブル一覧

脱毛サロン一択?ムダ毛を自己処理すると発生しやすい肌トラブル一覧

132view

2017.10.24

自己処理は一歩間違えるととても危険!

お風呂で剃刀や除毛クリームを駆使して日々ムダ毛処理の日々・・・。道具も安く近所の薬局などで手に入りますし、毎日の習慣であるお風呂で気軽にできますから、ムダ毛処理を日課にしている方も少なくないはずです。

しかし、処理しても処理しても生えてくるムダ毛にうんざりしている方も多いのではないでしょうか。「今日も生えてきたなぁ。」と思いながら、ついつい雑にやってしまうこともありますよね。

しかし、ムダ毛の自己処理は一歩間違えるとたくさんのリスクがあるということをご存知ですか?ムダ毛を自己処理して何度か「こんなことあったなぁ。」と思う方もいると思います。そこで今回は、自己処理における肌トラブルをまとめてみました。

また、比較として脱毛サロンにおける肌トラブルもまとめています。自己処理は気軽に出来るようでいて実はとても難しい処理方法です。是非参考にしてください。

自己処理による肌トラブルとは

毛嚢炎

毛を抜いたり、剃刀で剃ったりした場合に起こりやすい肌トラブルです。毛嚢炎とは、見た目はニキビのようなプツプツで、触った感覚もニキビのように痛いです。毛嚢炎は毛穴の内部に雑菌が入り、炎症が起きたことで腫れてしまう症状です。中には膿が溜まり、ニキビのように潰して膿を出して治すこともできますが、治っても跡が残る可能性が非常に高い症状なのです。

最初は熱や痛みを感じるだけですが、最終的には腫れた内部に白い膿が見えるようになります。この場合、大分進行してしまっている状態なので、肌が元の状態に戻るまで数週間を要する場合もあります。

剃刀や毛抜き後に毛穴がヒリヒリ痛んでいる場合は、毛嚢炎になっている場合があります。保湿で雑菌の進入を防ぐことができるので、自己処理後は必ず保湿して肌のケアを行いましょう。

埋没毛

毛抜きや深剃りした場合に起きやすい症状です。毛穴の中で毛は生えているんだけど皮膚の中から出てこないという毛を見たことはありませんか?これは文字通り毛が埋まってしまっている状態で、埋没毛と呼ばれています。

何らかの原因で皮膚を破って毛が生えず、皮膚の中で毛が成長してしまいます。皮膚の中でも毛は成長するので、皮膚の中で段々グルグルと毛が巻かれていき見栄えが非常に悪くなります。

私も学生時代に埋没毛によくなっていました。毛抜きで皮膚を少し破いてそこからまた抜いていました・・・。おかげでしばらく埋没毛は治りませんでした。一度埋没毛になった毛穴はその後もなりやすくなるそうです。埋没毛になった後はクリームを使っていましたが、2年後くらいには埋没毛はなくなったかと思います。

乾燥

すべての自己処理の方法に言えることですが、肌を直接傷つけるので肌の角質がボロボロになってしまう可能性が非常に高いです。特に剃刀や脱毛ワックス、脱毛テープなどは古い角質だけでなく綺麗な角質まで破壊してしまうので、潤いが逃げてしまいます。

潤いが逃げてしまうので乾燥肌になり、一時的なものだったら良いのですが慢性化する場合もあります。乾燥を防ぐためには、剃刀でつよく剃り過ぎない、ワックス系を使うことを避けるなどが挙げられます。また、処理後はかならずしっかりと保湿するようにしてください。

また、肌へのダメージが軽減されたシェーバーなども発売されていますが、刃を肌につけることには変わりません。特に乾燥肌や敏感肌の方は気をつけるべきでしょう。

黒ずみ

ムダ毛の自己処理は基本的にすべて肌にダメージを与えます。肌へのダメージは乾燥や毛嚢炎などの肌トラブルが一番懸念されますが、忘れてはいけないのがメラニン色素の生成です。肌はダメージを受けるとメラニン色素を生成しようとします。

メラニンという言葉は紫外線ケアの中でよく聞くと思いますが、紫外線も肌にダメージを与えていることでメラニン色素が生成されるんですよね。メラニン色素が生成されると何が起こるかと言うと、肌に黒ずみができてしまいます。まるでシミのような斑点が肌に出来てしまいます。

また、肌だけではなく毛穴の黒ずみも発生するので、毛穴がすごく目立つ肌に繋がります。毛穴の黒ずみに悩んでいる人は多いですよね。

一度出来てしまった黒ずみは対処することが非常に大変です。メラニン色素を薄くするにはビタミンCがおすすめなので、普段の食事にビタミンCを取り入れたり、サプリやドリンクを使ってみてはいかがでしょうか。

脱毛サロンは大丈夫なの?

以上、自己処理における肌トラブルをご紹介しました。自己処理は肌トラブルのリスクが非常に高いということがわかったと思います。しかし、自己処理はトラブルばかりだけど脱毛サロンは全く無害ということなのでしょうか?

答えはNOです。脱毛サロンも人間の体毛が生えるという流れに逆らって脱毛をするので、肌にダメージを与えていることは事実です。ではどのような肌トラブルが考えられるのでしょうか?

黒ずみ

脱毛サロンでは光を使用して脱毛を行うことがほとんどです。自己処理ほど負担がかかるものではありませんが、やはり肌にダメージを与える事になります。そのため、メラニン色素が生成されやすい状態となるので、施術後はしっかりと紫外線ケアを行うようにスタッフさんから指示があると思います。

火傷

脱毛サロンは光脱毛と呼ばれる光を当てて脱毛する手法が使われます。ダメージは少ないのですが、体感としては肌の内部から段々熱を帯びてくるような感覚があります。私は大丈夫でしたが、中には低温火傷になった方もいるそうです。

しかし、施術を行うスタッフさんがしっかりと管理を行うので、あまりに熱いと感じた場合はスタッフさんにしっかりと言うようにしましょう。

脱毛サロンのメリットとは

以上のように、脱毛サロンの肌トラブルで考えられるものはたったの2種類です。そのほかにもあるかもしれませんが、大体よく言われているものは黒ずみと火傷です。しかし、実際に低温火傷の話はありましたが、黒ずみなどは事前にケアをスタッフさんから指示されるので、対策はしっかりできます。

冬でも日焼け止めを塗るように指示を受けますが、おかげで脱毛サロンのせいで黒ずみができたというのはありませんでした。

肌トラブルのリスクが少ない上に、ムラなく綺麗に脱毛できるというメリットもあります。また、全身脱毛から部分脱毛、費用一括払いだけでなく月額制や回数制などプランも様々なので自分に合ったプランを選びやすいという点も魅力的です。体験コースもあるので、初心者の方にも気軽に利用しやすい点も嬉しいですよね。

最後に

いかがでしょうか。今回はムダ毛の自己処理で考えられる肌トラブルと脱毛サロンで考えられる肌トラブルをご紹介しました。ムダ毛の処理は女性の身だしなみのように言われることもありますが、まず肌にダメージを与えているということを忘れてはいけません。

自己処理でも適当にやっていては上記の肌トラブルに悩む日も遠くないでしょう。そのため、自己処理で行う場合もしっかりと使い方やケアの仕方を知り、正しく慎重に行うことが大切なのです。

一方で、脱毛サロンはプロの手が入るということで肌トラブルも非常に少ないです。また、想定される肌トラブルもスタッフさんから事前にケアの方法を教えてもらえるので安心ですね。料金やプランの種類も充実していますし、体験コースと言う気軽に利用できるサービスもあるので、是非興味のある方は使ってみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る