このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 目からウロコ!脱毛のポイント・コツ 人気脱毛部位No.1は?今ドキ女子が選ぶ人気脱毛部位ランキング

人気脱毛部位No.1は?今ドキ女子が選ぶ人気脱毛部位ランキング

多くの女性が試したい脱毛の人気部位は?

以前よりもメジャーになってきている脱毛ですが、全身脱毛から部分脱毛までコースはさまざまです。特に、初めて脱毛を検討している方は、いきなり全身脱毛は少し敷居が高いと思ってしまう人がとても多いです。「自分ではここを脱毛したいけど、他の人はどのように考えているのだろう?」と、他の方の脱毛事情を参考にしたい人も多いはずです。

また、多くの脱毛サロンは体験コースと呼ばれる、格安で一回限り施術を受けられるというサービスを行っております。体験コースは、契約前にサロンの雰囲気やスタッフの対応を知る上でとても効果的なサービスであり、自分の好きな部位を選んで施術を受けられる脱毛サロンがほとんどです。

大体の脱毛サロンは好きな箇所を数箇所選べる仕組みとなっているため、自分の好きな部位の他に、多くの女性がメリットを感じている人気部位の施術を受けたいという方がほとんどではないでしょうか。

そこで今回は、今ドキ女子が選ぶ脱毛の人気部位を5位から1位までご紹介します。是非このランキングを参考にして体験コースを受けてみることを検討してください。

第5位:腕

腕は季節を問わず露出する機会が多い箇所です。夏に半袖やキャミソールを着ることはもちろん、冬も室内が暑いときに腕を捲ったり、七部丈のカットソーを着る機会もあります。特に冬は油断しやすく、腕を捲った瞬間に毛が生えた状態の腕を見せてしまい、恥ずかしい思いをする女性も少なくありません。

手軽に自己処理できるパーツではありますが、手軽に出来てしまう分、剃り残しやカミソリ負けなどのリスクも非常に高まります。さらに、カミソリで処理することによって、毛先の断面が平らになってしまうため、毛が生えかけの状態の時に濃く見えることがあります。同様に、除毛クリームや脱毛テープを使い、肌が荒れて汚く見えてしまう可能性もあります。

また、自己処理では生える頻度が高く、毛の生え具合によっては3日から5日置きに頻繁に処理しなければなりません。コストもかからず手軽に自己処理できる一方で、手間がかかり肌トラブルのリスクも高いため、抑毛効果や毛が薄くなる効果が期待できる脱毛施術を行う部位として、人気部位の一つに挙げられます。

第4位:足

足も腕同様に、露出する機会の多い部位です。会社での制服やスーツ、普段着のスカートや短い丈のパンツなど、女性は足を露出する服装をすることが多いため、脱毛を行う部位として人気部位に挙げられます。また、冬など寒い季節は色の濃いタイツや長い丈のパンツやスカートを着用することが多く、つい油断してお手入れを怠ってしまうのも足です。

その場合、突然のお泊りや銭湯など、足を露出しなければいけない状況になった時に、恥ずかしい思いをしてしまう女性が少なくありません。足は人に見せる機会も多く、油断しやすい箇所と言えます。

腕同様に、自己処理で足の毛を処理することは可能ですが、カミソリ負けや剃り残りなどのリスクが高まります。また、除毛クリームを使用し肌に合わなかった場合、肌にブツブツの出来物ができてしまい、痒みを伴うこともあります。脱毛テープや毛抜きを使用した場合も、毛が毛穴の中で埋まってしまう埋没毛になる可能性が高いです。

このように、露出する頻度が高い部位でありながら、自己処理によって足が汚くなってしまう恐れがあるため、脱毛部位としてとても人気があります。体験コースでも多く見られるので、是非試してみてください。

第3位:顔

鼻下のヒゲのように生えている毛や、顔の産毛は多くの女性が気になっています。特に、鼻下の毛は男性にも目に付きやすく、「ヒゲが生えている。」と指摘されショックを受けたことのある女性も多いです。

また、顔の産毛はメイクをする時の妨げになることも多く、昔からメイクのノリを良くするということでフェイスシェービングは頻繁に行われており、脱毛部位としてとても人気があります。

自己処理でフェイスシェービングを行う女性も多いですが、顔の皮膚は他の部位よりもデリケートになっています。そのため、少しの傷が肌荒れの原因となり、毛穴の炎症やニキビを招く恐れがあります。

さらに、カミソリを肌に滑らせることは、古い角質だけでなく肌に必要な角質まで取ってしまうことが多く、肌のくすみや乾燥の原因となります。そのため、メイクのノリを良くすることを目的で行っていることが、さらに肌の状態を悪化させてしまうことに繋がりかねません。

美容院や理容室でフェイスシェービングを受けることができ、プロの手で行われるので自己処理よりも安全に済みます。しかし、1回あたり1,000円から3,000円が相場となっており、産毛が気になる度に通うことも非常に手間がかかります。そのため、半永久的に抑毛と毛が薄くなる効果が期待できる顔の脱毛が、多くの女性に人気があります。

第2位:VIO

VIOの脱毛は、以前は日本人女性に関心が無いものでしたが、現在ではブラジリアンワックスなどのデリケートゾーンの脱毛ニーズが高まっています。外国人女性の場合、デリケートゾーン全体を綺麗に処理してしまうことが多いですが、日本人女性の場合は、好きな形を作って一部を残すという方法が主流となっています。

デリケートゾーンの毛は雑菌からデリケートゾーンを守るという役目がありますが、生えすぎていると雑菌が繁殖してしまうというデメリットもあります。ビキニや下着から毛が見えてしまうということを防ぐだけでなく、衛生面からもVIOの脱毛は多くの女性に注目されています。

VIOの自己処理グッズも多く販売されていますが、デリケートゾーンにカミソリを滑らせたり脱毛ワックスや除毛クリームを塗る行為なので、とても慎重に行う必要があります。粘膜部分にクリームが触れてしまったことでかぶれてしまったり、カミソリで出来た傷が炎症を起こして腫れてしまう恐れもあります。

また、毛が他の部位よりも濃いので、生えかけの状態でも目立ち、頻繁に処理をする必要があります。自分で処理するにはリスクが高すぎる部位なので、衛生面を考慮して脱毛サロンで施術をしてもらいたいという女性が後を絶ちません。

第1位:ワキ

ワキは体験コースでも多くの女性が指名する人気部位です。キャミソールやタンクトップなどのワキが見える服はもちろん、Tシャツの袖の隙間から見えるなど、一切油断できない部位です。しかし、冬は長袖を着ることが多いため、お手入れを怠ってしまい、パートナーに引かれてしまったという女性も少なくありません。

他の部位の毛よりも濃いということもあり、生えかけの状態でもとても目立つので、少し生えただけでも処理をする女性もとても多くいます。毛の状態によっては毎日処理をする女性も多く、一番手間がかかる部位と思って良いでしょう。

剃る、毛を抜く、クリームを使うなどの処理方法がありますが、ワキの毛は濃いので処理をしても黒く斑点が残る場合があります。また、汗を頻繁にかく場所なので、自己処理で傷ついた肌がかぶれてしまい、痒みを伴うこともあります。脱毛の施術を行うことによって、毛を薄くし生えにくくすることができます。

そのため、自己処理後の見た目の悪い仕上がりや、痒みや痛みなどのトラブルを回避するためにも、ワキの脱毛は多くの女性に重宝されています。体験コースの選択肢にも多く見受けられるので、迷った時はまずワキから脱毛をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る