このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛のNG例・ダメなこと 脱毛サロンのスタッフに聞いてみた!お勧めの自己処理方法

脱毛サロンのスタッフに聞いてみた!お勧めの自己処理方法

114view

2018.05.31

脱毛中のお手入れってどうしている?

脱毛と言っても、施術を始めてから毛が薄くなるまでかなりの時間がかかるので、施術してすぐに「お手入れ不要!」とはなりません。最低でも1年から2年程度は毛が目立たなくなるまで時間がかかることがほとんどです。

その間ではどうすれば良いのでしょうか?それはもちろん、今までのように自己処理をしながら過ごすほかありません。しかし、脱毛を受けたことがある人はわかるかもしれませんが、脱毛中の肌のケアって結構しっかりやらないといけないんですよね。

メラニン色素を作りやすくなってしまうので、黒ずみや肌荒れ防止のために紫外線ケアは必須ですし、痛みや熱さが少ないと言っても脱毛は肌にダメージを与えるので、常に肌の保湿をしっかりしてバリア機能を整えなければいけません。

自己処理なんて肌にダメージを与えるだけでしかないのに、自分でやらなきゃいけないなんて・・・。と、思う方も多いでしょう。そこで今回は、筆者の知人の脱毛サロンのエステティシャンにどの自己処理の方法がオススメか聞いてみました。脱毛中の肌ケアに悩んでいる方、自己処理に困っている方は是非参考にしてください。

脱毛サロンのスタッフが困るお手入れ方法とは

まず、脱毛サロンのスタッフが困るお手入れ方法をお伝えします。これは施術直前の自己処理と脱毛期間中の自己処理両方に言えることなので、「あ、これしてるかも・・・。」という方は今後控えることをおすすめします。

除毛・脱毛クリーム・ワックス・テープ

クリームを塗ってムダ毛をごっそり落としたり、ワックスやテープをつけて一気に剥がすなど、綺麗にムダ毛を処理する方法はたくさんありますよね。たしかに毛根からごっそり取れるので見た目も綺麗だし、普通に処理するよりも毛が肌から顔を出すまでの時間も長いです。短くなった毛のジョリジョリ感も少ないので、好んで使用している方も多いでしょう。

しかし、これは脱毛中、特に施術前のお手入れで使ってはいけません。まず、脱毛サロンでの脱毛方法というのは、微弱なレーザーを肌に当てる方法が主流です。レーザーが毛を除去してくれるという認識で間違いはありませんが、レーザーがなぜ毛を認識できるのでしょうか?

それは、毛の色が関係しています。つまり、毛の黒い斑点が見えることでレーザーがキャッチし、綺麗に脱毛してくれるのです。では、もし毛根までごっそりなくなった肌をレーザーに当てたらどうなるでしょうか?

自分で処理するので、ムラがあるのは間違いありません。つまり、脱毛できているところとできていないところがあるなどのムラある仕上がりになる可能性が非常に高いのです。明らかにお客様の自己処理が原因なのに、「なんでこんななのよ!」「あなた下手だから今度から別の人にして。」などと言われることもあるそうです。理不尽極まりないですよね。

一応カウンセリング時に説明はあるみたいですが、何年も通っていれば忘れる方も多いはず。絶対に気をつけましょう。

脱毛・除毛用のクリーム・テープ・ワックスは肌の表面を傷つける原因にもなります。肌を労わるのであれば、是非避けたい自己処理方法ですね。

剃刀

毛根ごっそり取るのがダメなら剃刀は?と思うかもしれません。安いですし気軽に手に入りますし、すごく楽ですよね、剃刀。しかし剃刀もおすすめできないです。剃刀は肌を傷つけるリスクが非常に高いのです。剃刀を使ったことがある方はおわかりかと思いますが、たまに「あ、やっちゃった。」と思ったら腕や足から血が出ていたということも非常に多いです。

脱毛サロンでは、基本的に傷や肌荒れがある場合は施術を断られる場合が多いです。例えそれが日焼けや大きな怪我じゃなかったとして、ただの剃刀で切った小さな傷だとしても断られる可能性も否定できません。微弱とはいえ、熱を帯びたレーザーを当てるのですから、大事なお客様の体に何かがあったらと思ったら、スタッフの心情を考えるとできないですよね。

ちなみに今回話を聞いた知人は、練習中に試しに荒れた自分の手にレーザーを当ててみたそうですが、痛かったそうです。お客様側も痛い思いはしたくないですよね。また、剃刀は毛嚢炎などの毛穴の炎症などのリスクも非常に高いです。気軽に使えるアイテムですが、避けるべきでしょう。

スタッフがオススメするのは電動シェーバー!

毛根から除去しないので施術しやすい

色々な苦労話を交えて教えてくれた彼女がオススメしたい自己処理方法は電動シェーバーでした。電動シェーバーは脱毛サロンでも使われているそうで、上記で紹介した方法よりも肌トラブルのリスクが少ないとのことです。

毛が生える速度は個人差がありますが、施術2日から3日前に処理をすれば、レーザーが感知しやすい具合に毛が生えるので、ベストな状態で施術できるそうですよ。ムラなく綺麗に施術をしてもらうためなら、電動シェーバー一択とまでに言っていました。

肌に優しい

また、電動シェーバーの中でも回転式のものは肌に刃を直接当てずに処理することが出来ます。剃刀のように剃刀負けで肌が赤くなってしまったり、毛穴の炎症が起きたり、傷ができるなどのリスクが非常に少なく安心できるアイテムなのです。気を遣って肌ケアをしなければいけない時期なので、電動シェーバーは脱毛中の自己処理アイテムとして最適と言えるでしょう。

また、施術前に使ったとしても肌トラブルが少ないので、安心して施術を受けさせることができるとのことです。電動シェーバーは市販で大体2千円から5千円程度で販売されています。さまざまなメーカーから発売されていますし、口コミもネットに多く投稿されているので、チェックしてみると良いでしょう。

自己処理をしっかりしていないと追加料金があるかも・・・?

最後に彼女が話してくれた中に、「自己処理ができているかチェックはするけど、中には自己処理が甘いと思ったら追加料金を支払わせてスタッフが処理をするサロンもある。」とありました。脱毛サロンでの追加料金を支払って処理してもらうという話は私も聞いていたのですが、中にはすごい剣幕で怒ってくるスタッフもいるそうです。

お客様・スタッフ一切関係なく、単純に「やれ。」と言ったことをやらずに来たから怒ったということですが、「どうせやってくれるならやらないで行こう。」という不届き者もいるそうです。そのようなお客様対策で有料なのかもしれませんね。もちろん、背中などの見えない部位の処理はスタッフが無料でやってくれるところも多いそうなので、安心しても大丈夫ですよ。

最後に

いかがでしょうか。脱毛中の肌ケアは何かを気を遣いますが、どうやらスタッフもお客さんがどれだけしっかりケアしてくれているかで施術のクオリティが変わるそうです。せっかく高いお金を出して施術を受けているのですから、最大限良いクオリティの施術を受けたいですよね。現状、自己処理や肌ケアが杜撰なお客様は少なくないそうです・・・。

スタッフに迷惑をかけるだけでなく、自分も後悔する仕上がりになる可能性が非常に高いので、言われたことは「お客なんだから。」と威張らずにしっかりと行うようにしましょう。そして、今回筆者の知人は「電動シェーバー」と言っていましたが、担当するカウンセラーにおすすめの自己処理方法を聞くのも良いかもしれませんね。是非試してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る