このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知っておきたい脱毛の基本情報 今さらだけどサロンでの脱毛方法って何があるのか詳しく調べてみた

今さらだけどサロンでの脱毛方法って何があるのか詳しく調べてみた

102view

2017.10.11

サロンによって使用される脱毛方法はさまざま

レーザーや光、ジェルなど色々な脱毛方法の名前を聞きますが、どのような脱毛方法なのか詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。自分の肌にレーザーやニードルが使われるのだから、脱毛方法を詳しく知っておいた方が安心ですよね。

そこで今回は、サロンや医療脱毛で使われる脱毛方法を5つ厳選し、メリット・デメリットをまとめました。サロンによって使っている脱毛方法は異なります。是非体験コースを申し込む際の参考にしてください。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

メリット

一度にたくさんの毛を処理することが可能なので、比較的短時間で脱毛処理を行うことが出来ます。痛みもレーザーに比べて少なく、施術中も快適に過ごしやすい点も多くの女性にとても喜ばれます。また、表面に毛が伸びていない状態でも施術することが可能なので、施術に備えて長い間毛を生やすなどの手間は必要ありません。

一度効果が得られれば、長時間脱毛効果を持続させることができ、抑毛や毛が薄くなるなどの効果が期待できます。また、料金が比較的安価なため、多くの人が利用しやすい点も魅力的です。

デメリット

レーザー脱毛に比べると主力エネルギーが小さく、効果を得るまでに時間がかかります。そのため、レーザー脱毛よりも脱毛完了まで時間がかかり、長い間通う必要があります。また、日焼けをした肌や、前日に剃ったばかりの肌では施術を行うことが出来ません。日頃から日焼け対策や、施術に合わせてお手入れを行うタイミングを調節する必要があります。

IPL方式脱毛

メリット

光脱毛の一種であり、光を当てて一度にたくさんの毛を処理することが可能です。毛の組織を破壊し、毛根を焼く脱毛方法なので、効果が得られれば、長時間脱毛効果を持続させることが出来ます。また、ジェルで脱毛をするS.S.C脱毛より即効性が高いため、早い段階で効果を感じることが出来ます。

デメリット

毛根を焼くという方法なので、部位によっては痛みを感じる場合があります。レーザー脱毛より痛みは軽減されていますが、痛みを感じる度合いは個人差があります。痛みに弱い方は、一度施術を行う担当者に相談することをおすすめします。毛に含まれるメラニンにだけ反応する光を照射するため、色素の薄い毛や細い毛は見落とされがちになる場合があります。

S.S.C脱毛

メリット

S.S.C脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛よりも弱い出力のエネルギーを使用した光を使っており、ジェルを肌に浸透させるという目的から美容脱毛と呼ばれています。毛根を焼いたり、毛穴に電気を通して毛の組織を破壊するわけではないため、非常に肌に優しい脱毛方法として定評があります。

光脱毛やレーザー脱毛は、施術後に火傷や炎症を起こすなどの肌トラブルがありますが、S.S.C脱毛は肌トラブルのリスクが非常に低いと言えます。また、痛みもほぼ無痛であると多くのサロンが謳っている通り、デリケートゾーンの脱毛も無痛だったという声もあります。

さらに、S.S.C脱毛の光は、ジェルを塗ったところにのみ反応するため、ジェルを塗っていない肌へのダメージも軽減されます。光は皮膚の中に浸透し、毛の成長を抑える抑毛効果が期待できます。

敏感肌などで肌が荒れてしまうことが怖いという方にも、比較的利用しやすい脱毛方法です。そして、ジェルには美容成分が含まれているため、脱毛をしながら美肌に導くことができます。

デメリット

レーザー脱毛や光脱毛と比べて光の出力エネルギーが小さいため、効果を感じるようになるまで時間がかかります。施術回数を増やしていくことによって、徐々に毛が薄くなり生えにくくなるので、毛が目立たなくなるまで約2年から3年ほどの時間がかかります。その間脱毛サロンへ通い続ける必要があるため、手間もかかってしまいます。

ニードル脱毛

メリット

極細の針を毛穴に刺し、電気を通して一本一本の毛を処理していくため、一度に広範囲を照射する光脱毛やレーザー脱毛よりも確実性の高い脱毛方法です。また、針を刺す施術方法なので、レーザーで捕らえにくい細い毛や薄い色の毛までしっかりと対応できます。

さらに、色素沈着してしまっている部位や目元、眉毛などのレーザーが照射できない部位もしっかりと脱毛処理することができます。

訓練を積んだ「脱毛士」と呼ばれる専門の資格を持つスタッフしか施術できないため、安全面も信頼度が高く、安心して施術を受けることが出来る点も嬉しいですね。永久性の高い脱毛方法と言われているので、永久脱毛を目指したい方におすすめです。

デメリット

極細ではあっても針を刺す施術なので、部位によっては痛みを感じる人がいるかもしれません。医療機関によっては麻酔などの処置を行う場合もあるので、痛みに弱い方は是非相談しましょう。また、毛穴一つ一つに針を刺すので、とても時間がかかる脱毛方法です。

さらに、脱毛する箇所の毛を1センチほど伸ばす必要があるため、施術前に毛を生やす期間が必要になります。毛を生やしている最中は露出を控えたり、人目が気になってしまうなど少々手間がかかります。

レーザー脱毛(医療脱毛)

メリット

医療脱毛で使われるレーザー脱毛は、レーザーの出力エネルギーが非常に大きく、光脱毛よりも高い効果が見込める脱毛方法です。さらに、一度に照射する範囲も広いため、短時間に広範囲に照射し脱毛処理することができます。

一度に処理できる範囲が広い点と、強力なレーザーを使用していることから、光脱毛よりも早く脱毛完了させることができます。そのため、早さ重視で脱毛を完了させたい人に最適です。また、レーザー脱毛は、目の周り以外の部位に全て適しているので、あらゆる脱毛処理に活躍します。

そして、医療機関で施術を行っているため、万が一施術後に肌の異変を感じた場合もすぐに診察を受けることが出来ます。他の脱毛の場合、サロンが提携している医療機関へ行かなければいけない場合が多いため、すぐに診察してらえるのはとても嬉しいですね。

デメリット

出力の大きいレーザーを使用していることから、強い痛みを伴う場合があります。肌質によっては、施術後も肌がヒリヒリしたり、赤みや炎症、火傷の恐れもあります。痛みに弱い方は、事前に担当者に相談するようにしましょう。

また、使用している脱毛機器は高価であり、尚且つ医療の資格を持った者が施術の担当をするので、他の脱毛に比べて脱毛費用が高い傾向にあります。1パーツだけの脱毛でも数万円することもあるので、少し敷居が高いと感じてしまう人が多い脱毛方法です。

最後に

今回は5つの脱毛方法をご紹介しました。人気サロンと呼ばれる脱毛サロンの多くはS.S.C脱毛や光脱毛を中心に取り入れています。どちらの脱毛方法も痛みが少ないという点が共通しており、安全に肌トラブルのリスクを軽減して脱毛をしたいという方に最適の脱毛方法です。

肌をとことん労わりたいのであればS.S.C脱毛、早さ重視で脱毛をしたいのであれば光脱毛を選ぶことをおすすめします。また、多くの脱毛サロンは体験コースと呼ばれる、格安で1回だけ施術を受けられるサービスを行っています。さまざまなサロンの体験コースを受けることは、脱毛コースの契約をする前にさまざまな脱毛方法を試すことができる大チャンスです。

そして、体験コースを通じて自分に合ったサロンを選ぶことで、サロン選びを失敗するリスクが軽減されます。是非、体験コースを有効活用してみてくださいね。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る