このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛のNG例・ダメなこと 脱毛期間中は注意!やってはいけないムダ毛の処理方法まとめ

脱毛期間中は注意!やってはいけないムダ毛の処理方法まとめ

221view

2017.11.12

脱毛期間中もムダ毛処理はしないといけない!

脱毛期間中は、2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで脱毛を受けると思います。しかし、脱毛を受けない残りの日はどうしますか?もちろんムダ毛が生えっぱなしの状態で居るわけにもいきませんよね。しかも、脱毛の施術が近くなれば再度綺麗にムダ毛処理をしなければいけません。つまり、脱毛期間中もいつものようにムダ毛処理は欠かせないということになります。

しかし、完全にいつも通りにしてはいけません。

脱毛の施術を受けたときも言われたと思いますが、脱毛期間中は紫外線を浴びることを避ける必要があります。脱毛自体が肌にダメージを与える施術なので、日常生活でも肌にダメージを与え放題という状態になってしまうと肌トラブル一直線になってしまうのです。

つまり、いつも以上に慎重に丁寧にムダ毛処理をしなければなりません。ちょっとした剃刀の傷や毛穴の雑菌なども炎症の原因になってしまうのです。

そこで今回は脱毛期間中にやってはいけないムダ毛の処理方法と、脱毛期間中におすすめのムダ毛の処理方法をまとめてみました。是非参考にしてください。

脱毛期間中にやったらNGなムダ毛処理

脱毛期間中にやったらNGなムダ毛処理の方法をいくつか紹介します。いくつかと言っても普段多くの女性が使っている方法が脱毛期間中は避けたほうが良いといわれる方法です。少し面倒くさいかもしれませんが、せっかく脱毛を始めたので最大限綺麗な仕上がりになるように少しの間だけでも意識してみてはいかがでしょうか。

剃刀

剃刀は普通に使っていても肌トラブルと背中合わせになっている程危ない道具です。剃刀だけでも、毛嚢炎、毛穴の黒ずみ、乾燥肌、赤みなどたくさんの肌トラブルが浮かんできます。剃刀も正しい使い方をすれば綺麗に剃ることができますが、脱毛期間中は万が一のことを考えて剃刀を使うことを控えた方が賢明です。

ちなみに体に傷がある状態では、その部位を脱毛することは出来ません。剃刀はちょっとしたミスで皮膚を切ってしまいやすいので、使うことはやめるべきでしょう。

ブラジリアンワックス

海外セレブを中心にポピュラーな除毛方法です。VIOにハチミツの液体を塗って固まったところを一気に剥がしてムダ毛の処理を行う方法がブラジリアンワックスです。粘着テープを一気に剥がすような感覚なので痛みも相当あると言われています。頑丈にくっついたハチミツを一気に剥がすので、毛が毛穴からごっそりと抜けるような映像をイメージしてみてください。

ハチミツ成分が豊富なので保湿に良いと言われていますが。粘着テープのようなハチミツを一気に剥がすだけでかなりの角質が取れてしまいます。また、毛が抜ける状態と変わらないので、毛嚢炎や埋没毛、乾燥肌などのリスクが考えられます。ただでさえデリケートな部位なので、慎重に扱うようにしましょう。

そもそも毛を抜くことは、施術で光が毛を捉えられなくなってしまう大きな原因となるので絶対にやめましょう。

脱毛テープ

ブラジリアンワックスと同様の理由ですが、脱毛テープも毛を根元から引き抜くという作業になるので、余分な角質が剥がれてしまったり、毛を抜いた毛穴から雑菌が入り込んで毛嚢炎になりやすく、埋没毛のリスクもあります。脱毛テープも同様に毛を抜くことで、光が毛を捉えなくなってしまうので、必ず脱毛期間中は避けてください。

毛抜き

毛抜きも同様です。毛抜きも埋没毛や毛嚢炎などのリスクが非常に高いです。特に、毛抜きほど埋没毛のリスクが高いのではないかと思います。さらに、毛穴にピンポイントで刺激を与えるので、毛穴のダメージからメラニン色素の生成が行われ、毛穴の黒ずみが瞬く間に完成してしまいます。毛も捉えられず施術ができなくなるので絶対に止めましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは、一見大丈夫そうに見られがちですが、肌に直接塗るため知らない間に肌に刺激を与えていることになります。除毛クリームを使って塗るたびにヒリヒリしたり、かゆみがあるという方は絶対に使わないでください。赤みやかぶれの原因となってしまいます。

また、除毛クリームも毛の根元からごっそりと除去するといったアイテムが多いので、施術時の支障になりかねません。脱毛期間中であれば避けるべきでしょう。

ムダ毛処理をするなら電動シェーバーがおすすめ!

脱毛期間中といわず、日々のムダ毛処理をするのであれば電動シェーバーがおすすめです。電気シェーバーは肌に負担がかかりにくい構造になっており、埋没毛や色素沈着などの肌トラブルになりにくいと言われています。ちなみに脱毛サロンでも電動シェーバーは推奨されており、剃り残しがあった時などにサロンで処理をする時は電気シェーバーを渡されることがほとんどです。

電動シェーバーは、価格が製品によって大きく異なります。安いもので良ければ2,000円程度で手に入りますし、高いものだと10,000円以上になるものもあります。一度機械を買ってしまえば後は刃を買い足すだけなのでそこまでコストもかかりません。今後脱毛をしていくのであれば、是非1本は欲しいアイテムです。

見えないところはどうするの?

サロンから事前にムダ毛処理をしてこいと言われますが、見えないところはどうすれば良いのでしょうか?背中やお尻などはどう頑張っても一人では無理ですよね。家族に手伝ってもらうのも恥ずかしいですし。

しかしそんな時はサロンのシェービングサービスを利用すると良いでしょう。シェービングサービスは施術の前に、スタッフさんが自分で出来なかった部位を剃ってくれるサービスです。

これなら一人でもしっかりと綺麗にできるから良いですよね。しかし、脱毛サロンによってはシェービングサービスが有料になる場合もあります。範囲によってお金がかかる場合とかからない場合があると言う脱毛サロンもありますが、恐らくは自分で処理をせずにそのままサロンに来る人を防ぐためのものだと思います。

相場では大体1,000円から1,500円のイメージですが、事前に脱毛サロンにシェービングサービスの有無と有料か無料かを聞いたほうが良いのかもしれません。脱毛サロンによって料金も大きく違ってくる可能性もあります。

最後に

いかがでしょうか。なるべくダメージを与えるな、傷つけるな、紫外線禁止など、脱毛期間中はかなり肌に気を遣わなければいけません。普段からケアを細かくしてきた女性であれば問題ないかもしれませんが、面倒くさがり屋の方やズボラな方だと少し大変だと思うかもしれませんね。

脱毛期間中のみならずですが、今回ご紹介したNGのムダ毛処理方法は、日常生活でも肌トラブルを起こしやすいです。敏感肌の方はもちろんですが、普通肌の方も知らない間に肌を傷つけていたら乾燥肌になってしまったという可能性も考えられます。毎日のケアを綺麗に安全にするためにも、1本は電動シェーバーの購入をしてみてはいかがでしょうか。

また、自分では見えない部分の除毛に関しては、脱毛サロンのシェービングサービスを受けることができます。背中やお尻、Iライン、Oラインなど自分の目で完全に見ながら処理できない部位をスタッフさんが手伝ってくれます。すごく便利なサービスですよね!

しかし脱毛サロンによっては、無料のサロンや有料のサロン、範囲によって金額が発生するなどシステムが様々です。事前に脱毛サロンに聞いて確認してみると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る