このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 目からウロコ!脱毛のポイント・コツ 脱毛サロン要らず?体毛を薄くする方法とは?【スキンケア編】

脱毛サロン要らず?体毛を薄くする方法とは?【スキンケア編】

107view

2018.06.01

脱毛サロンは高い!自分で毛を薄くしたいという方へ

脱毛サロンに通いたいけどお金がかかることに躊躇している方は多いと思います。日々のムダ毛処理、本当に面倒くさいですよね。ムダ毛処理はしたくないけど、ムダ毛が気になるからしなきゃいけない。脱毛サロンは高くてちょっと抵抗があるから、どうしても家でムダ毛を何とかしたい。そんなことを考えている方は非常に多いと思います。

なるべく手間を最小限に、コストも最小限にムダ毛を何とかしたいと思う人がほとんどだと思います。「なんて欲張りな。」という感じですがこれが事実です。

ムダ毛を自己処理しているだけでは生えている毛を除去しているだけ。多くの女性がやりたいのは、ムダ毛を薄くする・生えなくさせる方法だと思います。そんなことを脱毛サロンに行かずにやることができるのでしょうか?

今回は、脱毛サロンに行かなくても自力で毛を薄くすることが出来るのか?という点について言及してみたいと思います。あくまで今回は肌につけるスキンケア用品で毛を薄くさせることが出来るのかという点についてご紹介します。是非参考にしてください。

体毛を薄くする方法ってあるの?

体毛を薄くする方法はそもそもあるのでしょうか?答えはYESです。体毛はもともと体を守るため、体温調節するため、細菌から守るためにできたものです。つまり、体から生えているものなので、自分の調整次第で濃くすることも、薄くすることも可能なのです。

そもそも体毛をつかさどるのは男性ホルモンだと言われています。女性には女性ホルモンのほかに、微量ですが男性ホルモンもあります。これは男性も同様で男性ホルモンのほかに微量な女性ホルモンがあります。男性が女性よりも体毛が濃いように、男性ホルモンが強ければ体毛は濃くなりますし、女性ホルモンが多ければ体毛が薄くなると言うことなのです。

そのため、女性がさまざまな状態で男性ホルモンが多くなると、体毛が濃くなったり声が低くなったりすることがあります。

筆者は昔、65kgから39kgまで不健康な痩せ方をしたことがありますが、その時はホルモンバランスも一気に崩れ、2ヶ月ほど生理が来ませんでした。そして、声も低くなり胸がなくなり、体毛が濃くなったのです。このように、ホルモンバランスによって体毛の濃さが左右されることがわかります。

つまり、毛を薄くしたいのであれば女性ホルモンを整えて、男性ホルモンが少なくなれば良いということになります。

抑毛ローションを活用しよう!

今回、スキンケア面で毛を薄くすることが出来るのか?ということについて言及します。実は、スキンケア用品でも毛を薄くするために開発された商品があるんですよ!その名も「抑毛ローション」。名前の通り、体毛を薄くしたり生えにくくする効果が期待できるローションと言うことです。

ローションの成分はメーカーによって異なりますが、どのメーカーの商品にも大豆イソフラボンは必ず含まれて居ます。というのも、この大豆イソフラボンこそが女性ホルモンを整える上で欠かせない成分だからです。豆乳や豆腐などの大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと同じ働きをすると言われています。

そのため、女性ホルモンを整える上で大切な成分なのです。過剰摂取も体に良くないそうなので、豆乳の場合は1日200ml程度に抑えておくべきだそうです。抑毛ローションは特に制限はないみたいです。もちろん付けすぎは良くないと思いますが・・・。

抑毛ローションには、保湿成分も豊富に含まれているそうです。メーカーによって保湿成分は異なりますが、パイナップルなどの自然素材を使っているアイテムが多いみたいで、香りも良い評判です。

抑毛ローションのデメリット

抑毛ローションの効果はかなり期待できるみたいなのですが、実際デメリットも多いです。まずはアイテムをしっかり選ばないといけないことです。抑毛ローションの価格は正直ピンキリです。口コミを見ていると、やはり安い商品はそれなりの効果であるそうで、効果を得たいということであればある程度良い価格の商品を選ぶ必要があると言うことです。

また、抑毛ローションは一朝一夕でどうにかなるアイテムではありません。毎日塗って、徐々に徐々に効果を実感していくという形のアイテムなので、かなり根気良く使い続ける必要があります。効果もすぐには感じられないので、途中でやめてしまったり、長続きしない恐れもあります。

長い期間効果を得るために使い続けられる方は、抑毛ローションを使うことに向いているのではないかなと思います。

確実にするなら脱毛サロンを利用するべき

抑毛ローションも、効果を求めるのであれば1本2,500円程度の高いアイテムを選ぶ必要があります。抑毛ですから、体全体に塗りたいと思う人も多いですよね。一本2,500円で容量は30g程度なので、全身に毎日塗るとなると相当な本数が必要かもしれません。

今、全身脱毛12回の相場は20万程度と言われています。安くするために抑毛ローションを買ったのに、年間の使用料がもしかしたら全身脱毛の施術費用よりも高くなるかもしれません。30g2,500円ってあまりコスパが良くない気がします。

そして、効果を実感するためには気が遠くなるくらい長い期間使用しなければいけないので、手間と費用を考えると正直脱毛サロンで施術を受けたほうが効率もコスパも良いかもしれません。

抑毛ローションも、毛を薄くするという効果はありますが、効果の確実性では脱毛サロンにやはり適わないと思います。本気で脱毛をしたいと考えている人ほど、脱毛サロンを利用したほうが良いかもしれません。

脱毛サロンでは現在初回限定キャンペーンと呼ばれるお得なキャンペーンを行っている店舗が多いです。格安で1回だけお試し脱毛を受けられるので、興味がある方は是非一度受けてみてはいかがでしょうか。

金銭的に脱毛サロンが厳しいという場合でも、月額制や回数制など支払い方法は多種類揃っています。自分の経済的事情や脱毛に対するニーズに合わせてコースを決めることができるので、是非一度脱毛サロンのスタッフのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

最後に

脱毛サロンに通わなくても、抑毛ローションを使用すれば自宅で毛を薄くすることができるということをご紹介しました。抑毛ローションには豆乳や豆腐に豊富に含まれる大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きを行う大豆イソフラボンによって抑毛効果を促すというアイテムです。

しかし、抑毛ローションの価格の高さや効果が出るまでかなり長い期間がかかることを想定すると、手間とコスト的にも脱毛サロンの方が効率的ではないかと思われます。脱毛サロンであれば、2年ほどでほとんど毛が目立たなくなるまで仕上げることが可能なので、抑毛ローションよりも効果が顕著で確実ではないかと思われます。

自宅でできる毛を薄くできる方法をご紹介しましたが、結局はプロには適わないというところでしょうか。脱毛サロンのコースに関しては、施術費用を一括で必ず払えば良いわけではなく、月額制であったり回数制、都度払いなどたくさんの方のお財布事情に合ったプランが用意されています。

初回限定の格安脱毛をキャンペーンで受けることができるサロンも非常に多いので、まずは体験とカウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る