このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 知っておきたい脱毛の基本情報 子供の時から綺麗にしてあげたい!親が子供に脱毛させたい理由とは

子供の時から綺麗にしてあげたい!親が子供に脱毛させたい理由とは

小さい頃から脱毛をさせてあげたい!

私が中学生の時、友達の女の子が休み明けにワキを触りながら登校してきたので、何かあったのかと聞いたら「この前脱毛してきてちょっと痛い。」と彼女は答えました。名前は知っていたものの、大人がすることだと思っていたのでその時の衝撃はすさまじい物でした。彼女はワキにテープみたいなものを貼っていたので、恐らく医療脱毛なのかなと思っています。

私が今まで知っていた中で脱毛経験最年少は彼女でした。しかし、つい最近見つけた記事で驚くべき内容を発見したのです。

「小学低学年で脱毛に通わせている。」

えー!!そんな小さいのに何で脱毛しているの!?と思ったことと同時に、それだけ小さな子でも脱毛ができるのだと驚きました。詳しく見てみると、中には幼稚園児からしているという子もいるではないですか。「よくあれに耐えられるな・・・。」と少し感心してしまうほどでした。

最近ではどうやら脱毛開始年齢の低下が著しいようです。今回はその理由と注意すべき点を調べてみました。お子さんを脱毛に通わせたいという方は是非参考にしてください。

両親が子供に脱毛をさせてあげたいと思う理由

毛深いことがコンプレックスになっている

私の小学校時代を思い出すと、小学生なのにかなり毛深い子や強い天然パーマに悩んでいる子など、小さいにも関わらずコンプレックスを持っている子が非常に多かったです。私の場合はぽっちゃりした体型でしたが・・・。

それと同様に、やはり毛深いことがコンプレックスになっている子が多いそうです。毛深さには両親も困惑しており、何とかしてあげたいと脱毛を決意するとのこと。それは女の子はもちろん、男の子でもあるそうです。

テレビで見る芸能人と自分を比べて「なんでこんなに違うの!?」と思うのかもしれません。小さいときに体型で悩んでいたこともあってか、私は大人になった今でも少し太ると「まずい」と怖く感じる時があります。子供のときに抱えていたコンプレックスは大人になっても覚えているんだなぁと感じました。

恐らく両親は、自分の子供に将来そのような思いをしてほしくないのかもしれません。そのため、コンプレックス解消に脱毛サロンを利用するようになります。最近ではどんどん価格も安くなっているので、気軽に通いやすいという点も魅力ですよね。

いじめがある

前述のコンプレックスに似ていますが、毛深いことが原因で、学校でいじめられることがあるそうです。確かに小学校時代のクラスで毛深い子が影で色々言われているのを目にしたことがあります。

子供の世界はある意味大人の世界よりもシビアなので、「自分たちと違うのは何で?」「変なの。」といじめに繋がるのかもしれません。

身体的な特徴が原因でいじめというのも非常に許せませんが、苦しんでいる本人を思い両親が脱毛を決心する気持ちもわかります。いじめの記憶は大人になっても残ります。いじめのない普通の環境で勉強や遊びに励んでほしいと両親は強く願うはずです。

このようにクラスメイトの心無い言葉や態度が原因で脱毛を決意するというケースもあります。この要因に関しては、色々と考えさせられるなと感じました。私の子供がもしも・・・と考えましたが、きっと私も脱毛に通わせるかもしれません。

子供が望んでいる

ちょっとおマセさんの子供の希望で脱毛に行っているケースもあるそうです。この場合は、お母さんも美容に強く関心があり気を遣っていることから子供にも同じように脱毛やスキンケアを施しているようです。

この要因の場合は、あまりお父さんは関わっていないのかもしれませんね。最近の女の子は小学生用のファッション雑誌もありますし、可愛い服やアクセサリーも多く販売されているので、化粧やおしゃれに目覚めるのが早いと言われています。

テレビで毛穴の目立たない芸能人の姿を見ていたら、「私もあんな感じになりたい!」と思うのかもしれませんね。特にお母さんが美容に真剣な方だと、幼稚園くらいから脱毛をやらせることがあるそうです。費用も100万近くになるとか・・・。恐ろしいですね。

子供に脱毛をさせる場合の注意点

光が毛を捉えない可能性がある

光脱毛は、本来黒い斑点を見つけてアプローチすることで脱毛することが出来ます。そのため、シミがある場所や紫外線ダメージを受けた肌は脱毛できないと言われていますが、子供の場合大人よりも難しいかもしれません。

子供の場合、産毛も大人ほどに濃くなく、薄い場合が多いです。毛深さで悩んでいる子は脱毛できるかもしれませんが、毛の薄さや量が普通の子は光が毛を見つけられないかもしれません。

また、夏など子供は特に容赦なく日焼けして遊んでいますよね。日焼けをしてしまうとそもそも脱毛ができない場合があるので、日焼けをしないようにケアをしてあげることも必要になります。

肌に熱が加わるので低温火傷のリスクも

光脱毛は大人でも熱いと感じる場合があります。医療脱毛のレーザー脱毛とは比べ物にならないくらい低刺激ですが、子供のデリケートな肌に使用するとなると、低温火傷などのリスクを想定する必要があります。

また、デリケートな肌なので必要以上に肌が荒れてしまう可能性もあります。お試しで1度試した時にもし肌に合わない場合はすぐに利用することを止めましょう。

しっかりとアフターケアをしてあげる

脱毛は施術をしたから終わりというわけではありません。施術をした後の過ごし方によって肌の仕上がりが大きく異なっていきます。そもそも大人でも施術の後に紫外線を避けろ、保湿をしろという指示を受けるので、子供の場合は尚更しっかりとアフターケアする必要があります。

子供の場合、面倒くさいと自分でやらないことが多いので、様子を見ながらやってあげるようにしましょう。

子供の脱毛は賛否両論?

子供の脱毛は正直賛否両論です。「子供の綺麗な肌でやるべきではない。」「大人になったらいくらでもできる」という意見が多いからです。しかし、いじめやコンプレックスが原因の場合は仕方ないという意見も多いです。

ただ、あくまで第三者の意見なので、大事なのは家族でしっかりと話し合うことです。家族でしっかりと話し合い、費用やリスクなどをしっかりと認識した上で行うのであれば誰も文句を言う資格はありません。

子供の脱毛を考えている方は、しっかりと家族の意見を聞いたり脱毛について調べながら、慎重に決断することが大切です。

最後に

いかがでしょうか。今時の子は幼稚園から脱毛をするのかと非常に驚きました。脱毛なんて小さい子の肌にして大丈夫なのか?と思いましたが、大人になって自分で払って脱毛した立場から考えると「羨ましい・・・。」と内心思ってしまったりもしました。

しかし、脱毛させる家族の中には、いじめやコンプレックスなどの深刻な問題も隠されています。身体的特徴が原因でいじめを受けることほど「自分でも治しようがないから解決のしようがない」と思うものはありません。すこしでも気持ちが安らぐようにという両親の気持ちも非常にわかります。

これから子供の脱毛を考えている方も、脱毛をする上でのリスクやアフターケアの重要さをしっかりと知ることが必要です。子供の肌に合うかどうかもわからないので、最初は体験コースをしてみることもおすすめです。

また、脱毛サロンによっては年齢制限もあるので、事前に聞いてみると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る