このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛のNG例・ダメなこと 自己処理は剃刀派?クリーム派?それぞれのメリット・デメリットまとめ

自己処理は剃刀派?クリーム派?それぞれのメリット・デメリットまとめ

自己処理に皆さんは何を使っていますか?

家で日々ムダ毛の自己処理をする方々は、恐らく色々な除毛グッズを駆使してムダ毛処理を行っているとおもいます。最近ではシェイバーや除毛クリームなどの定番アイテムから、脱毛が可能といわれるワックスやテープ、タオルなども多く販売されています。

多くは剃刀やシェイバーなどの刃を使う除毛アイテム派か、除毛効果のあるクリームを塗って処理をする派の2つに分かれると思いますが、実際にはどちらが良いのでしょうか?そこで今回は剃刀と除毛クリームのメリット・デメリットを比較してみたいと思います。是非参考にしてください。

剃刀のメリット

価格がリーズナブル

特に使い捨てタイプの剃刀は非常に安い価格で手に入れることが出来ます。1セットあたりに3本と複数入っていることも多く、一度買えば3回までは買いに行く必要がないという点も大きなメリットです。また、シェイバーに関しても本体は2,000円から5,000円程度ですし、刃を付け替えれば壊れるまで使うことができます。

付け替え用の刃も複数セットでかなりリーズナブルな価格で販売されているので、購入しやすいですし毎日気軽に使いやすいですよね。

また、1個あたりの価格が安いので、色々なタイプのアイテムを使って自分に合うかどうか調べやすいという点も魅力です。コンビニから薬局まで身近な販売店で取り扱いされているという点も、急にムダ毛処理が必要になったときに非常に便利です。最近ではボディソープなしで剃ることができるアイテムも多く販売されているので、突然のデートのお誘いにも安心ですよね。

手早く処理できる

除毛クリームのように数分放置などの使用方法はなく、刃を肌に滑らせればすぐにムダ毛を剃ることができるので、非常に使い方が簡単であるという点や、時間がかからないという点も大きなメリットです。いつも使っているボディソープと剃刀があれば処理ができるので、準備に余計な道具は不要であるという点も楽ですよね。

剃刀のデメリット

肌トラブルが多い

剃刀は肌トラブルが耐えません。直接肌に刃を滑らせて除毛する方法なので。知らない間に毛穴を傷つけてしまい、毛嚢炎といった毛穴の肌荒れを招く恐れもあります。さらに、毛穴や肌にダメージを与えるので、メラニン色素を生成しようと肌が活動してしまい、結果肌や毛穴の黒ずみに繋がってしまいます。

刃を肌に滑らせるので、肌の角質もボロボロになりますよね。角質がボロボロになってしまうとどんどん肌の水分が逃げてしまうので乾燥肌になってしまう可能性もあります。

そもそも、剃刀やシェイバーは簡単に使えるということで、正しい使い方をしていない方がほとんどです。間違った使い方も肌を傷めてしまう原因になります。

見えないところの除毛ができない

除毛クリームにもいえることですが、背中やうなじ、おしりなどの見えない部分の除毛がやりにくいです。体が柔らかい方はぐるっと背中まで腕を回せるかもしれませんが、きれいに剃るとなると難しいですよね。このように、水着などで全身ツルツルにしたいという時には向いていないアイテムです。

除毛クリームのメリット

仕上がりが綺麗

除毛クリームは、剃刀と異なりムダ毛を根元からしっかりと除毛する方法です。刃でムダ毛を切るわけではないので、ツルツルの肌でいる時間が剃刀よりも長いという点が魅力的です。毛先の断面も平らになることはなく、生えてくる時も自然な状態で生えてきます。

また、成分に保湿効果のあるエキスなどが含まれているアイテムが多く、肌のケアに関してもしっかりと考えられているアイテムが多いです。

管理が楽

剃刀は菌が繁殖しやすく、使用後はしっかりと水気を切って保管するなど管理が若干面倒な点がデメリットです。一方で除毛クリームはシャンプーやトリートメントと同じように容器に入った液体なので、そのままバスルームに置いておいても問題ありません。

唯一しっかり洗わなければと思うものは、除毛クリームを広げるためのヘラやスポンジですが、ホームセンターやスーパーなどで簡単に手に入るので使い捨てで使うこともできます。

除毛クリームのデメリット

肌トラブルが多い

保湿成分や美容成分が含まれる除毛クリームも多く存在しますが、それでも肌トラブルを招く可能性があります。もともと除毛クリームは、根元から体毛を除去するという力があるので、それだけの刺激物が含まれていると言っても良いでしょう。

そんな刺激の強いクリームを肌に塗って数分放置するのですから、痛みや痒みなどの肌トラブルが出てもおかしくありません。除毛クリームの場合は、乾燥肌の悪化やかぶれなどの症状が多いそうです。

コスパがあまり良くない

除毛クリームは1本あたり800円程度が相場です。1本の量でもし全身のケアをするとなると、約2回分程度しか量が入っていません。除毛クリームの多くは、根元から毛を除去するので皮膚から毛が顔を出すまでの時間も長いと言われていますが、実際は3日から4日程度で毛が目立つようになります。

つまり、1週間で1本を使用すると考えると1ヶ月約3,200円はコストがかかってしまうということになります。それをムダ毛が気にならなくなる時期までずっと続けるのですから、10年20年単位で見ると恐ろしい金額になりますよね。自己処理のグッズの多くは安く気軽に手に入ると言われていますが、除毛クリームに関してはそこまでコスパが良いようには思えません。

肌トラブルを避けたいなら脱毛サロンを利用しよう!

以上、剃刀と除毛クリームのメリットとデメリットをまとめてみました。結論、どちらも肌トラブルは免れないということですよね。仕上がりの綺麗さで除毛クリームを選ぶか、使いやすさと手軽さで剃刀を選ぶかは分かれると思いますが、どちらにせよリスクが高いと言わざるを得ません。

肌トラブルは一時的なものであればまだ良いですが、将来的に黒ずみや毛嚢炎の跡が残ってしまったり、乾燥肌が慢性化するなど先のことを考えても良いことがありません。肌トラブルを避けるためには、脱毛サロンでプロの手を借りることが一番です。

脱毛サロンは金額が高いということで敷居が高いように見られますが、実際は、施術費用を一括で支払う必要はなく、分割にしたりすることもできます。または、忙しくていつ行けるかわからない方は、回数制で利用することも可能ですし、それぞれの都合やライフスタイルに合わせて支払い方法や脱毛のプランを選ぶことができるようになっています。

通うという手間は確かにありますが、脱毛サロンの多くはオフィス街や都市部の駅の近くなどに店舗を展開していることが多く、仕事帰りや買い物のついでなどで気軽に行くことができる立地のお店がほとんどです。予約に関しても、ネット予約が普及され以前よりも予約がしやすくなったという声も多く、事前に予約を入れておけるのであれば安心ですよね。

技術も、脱毛のプロが直接施術をしてくれるので、自分でやるよりも間違いなく綺麗に仕上がります。背中などの手が届かない部分も綺麗に仕上げてくれるので、背中の開いた服なども自信を持って着る事ができますよ。

さらに、施術後のケアもしっかりしていますし、施術後どんなことに気をつけるべきかを丁寧に説明してくれるので、日常生活も安心して過ごすことができます。肌を労わるという点では、脱毛サロンが一番良いのではないかと思います。興味のある方は是非調べてみてくださいね。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る