このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 目からウロコ!脱毛のポイント・コツ 脱毛サロンの方が安心?ムダ毛自己処理が危険な理由

脱毛サロンの方が安心?ムダ毛自己処理が危険な理由

気軽にできる自己処理は多くの女性が行っている

自己処理ってすごく楽ですよね・・・。剃刀や除毛クリームを薬局で買ってすぐにできるので、急に処理をしなければいけないという時も大変便利です。最近ではソープなしで剃ることができるシェイバーなども多く販売されているので、急に好きな人と会うことになった、銭湯に友人と行くことになったという緊急の事態にも重宝できます。

これだけ聞いていても日常的に重宝しないわけにはいかないくらい便利ですが、その分肌荒れへのリスクが高いということもご存知ですか?最悪の場合、傷跡が残るなど将来的に見ても肌を汚くしてしまう原因にもなります。

ムダ毛の自己処理グッズは薬局でかなり安い価格で取り扱われているので、脱毛サロンに通う女子が増えた今でも自己処理を行う女子も非常に多いです。その理由は様々ですが、金銭的な問題や、通うのが面倒など主に挙げられます。そこで今回は、脱毛サロンが安心である理由と、ムダ毛の自己処理がとても危険な理由をご紹介したいと思います。

ムダ毛自己処理におけるデメリット

生えてくる頻度が高い

ムダ毛の自己処理は毎日気軽にできてしまう点が何よりのメリットですが、逆に言うとほぼ毎日しなければいけない処理方法です。ムダ毛の濃さや生えてくるスピードは個人差があるので何とも言えませんが、3日に1回や2日に1回のペースでムダ毛処理をしている女性は多いはずです。何故なら、処理しないと毛穴からポツポツと黒い斑点が出てきてしまうから・・・。

冬などは長袖や色の濃いタイツ、長いパンツを履く女性も多いので、サボっている方も多いそうですが、ふと腕まくりをしたときにムダ毛がもっさりと・・・、という経験をして非常に恥ずかしくなった方もいるそうです。

そのため、自己処理でムダ毛を処理する場合は、毛の生えてくる頻度が高い点と、お手入れの頻度が高い点が大きなデメリットになります。後、一切油断ができない点も、面倒くさがり屋の女性にはたまったものではないですよね。

毛嚢炎などの肌トラブルになりやすい

自己処理の頻度が高いという点がデメリットであると前述しましたが、自己処理の方法によっては深刻な肌トラブルを招く原因にもなります。自己処理の場合は肌を直接傷つけることが多く、肌の角質がボロボロになって乾燥肌になってしまったり、毛穴に雑菌が入ってニキビのようなプツプツの出来物ができるようになったりします。

このプツプツの出来物は毛嚢炎と呼ばれており、傷の治りが悪いと傷跡として残ってしまう可能性も非常に高いです。さらに、毛を抜くと皮膚の中に毛が埋まってしまうという症状も出てきます。

また、クリーム系では肌に合わなかった場合、使用中に痛みが出たり、使用後に痒みがでてかぶれてしまったというケースもあります。一時的な症状であればまだ良いのですが、慢性的な乾燥肌になったり、傷跡が残ったりと将来的にも良いことがありません。

間違った方法でやっていることがほとんど

恐らく初めてムダ毛処理をするのは、中学生や高校生などの10代からがほとんどだと思います。初めてムダ毛処理をしようとなった時、みなさんはムダ毛処理の方法をネットや本、雑誌などで調べましたか?こまめな方は調べたかもしれませんが、ほとんどの方は道具を買ってそのまま試していたと思います。

そのまま大人になっても、そろそろ調べようなんて思わないですよね。そもそも、正しい方法があるということすら知らない方もいるはずです。このように、実際の処理グッズの正しい使い方を知らずに間違った使い方で使い続けることも、肌トラブルの大きな原因となってしまうのです。

ムダ毛自己処理の方法

剃刀

一番良くない方法と言われています。剃刀でまず剃ってみたという方も多いのではないでしょうか?剃刀は雑菌が繁殖しやすく、1度使った後は丁寧に手入れをして清潔に保つ必要があります。雑菌が繁殖した剃刀を使うことで、毛穴が炎症を起こすなどの肌トラブルに見舞われます。

さらに、刃で直接肌を傷つけるので、知らない間に切り傷を作ってしまったり、肌の角質をそぎ落としてしまうことで乾燥肌を招いてしまいます。

除毛クリーム

除毛クリームも現在ではポピュラーな自己処理グッズとして知られています。除毛クリームは剃刀よりも値段が高いですが、剃刀のように毛を切るわけではないので、ジョリジョリとした肌触りになりにくく、滑らかに仕上げることができます。しかし、除毛クリームそのものが毛を取り除く刺激物が含まれている薬品であることを知っておかねばなりません。

刺激のあるクリームを肌に直接塗るので、痛みや痒み、酷い場合にはかぶれてしまうなどのトラブルが相次いでいます。中には敏感肌用と言われる除毛クリームも多く販売されていますが、結局刺激物が含まれていることには変わりはないので、肌トラブルが起きる覚悟はするべきでしょう。

脱毛ワックス

ハチミツを原料とした液体を脱毛したい部位に塗り、乾いた後に一気に剥がすという方法で使用するのが脱毛ワックスです。ほぼハチミツということで自然素材だから安心、さらにハチミツは保湿成分たっぷりだから肌にも優しいと言われていますが、問題はワックスの中身ではなく使い方です。

感覚としては、布タイプのガムテープを肌に貼り、一気に剥がす感覚でしょうか。毛はもちろん抜けますが、痛みもあり、肌の角質がボロボロになってしまいます。さらに、毛を抜いた後の毛穴が開きっぱなしになっていると、そこから雑菌が入り込み肌荒れの原因となります。

海外でもブラジリアンワックスと呼ばれる方法で、VIOにワックスを塗って一気に剥がすという手法が行われていますが、相当な痛みであることは間違いありません。痛みに弱い方は避けましょう。

脱毛サロンの方が安心!

以上が自己処理で考えられるリスクとその理由です。手軽さでついつい手を伸ばしてしまいがちな自己処理グッズですが、使い方を一歩間違えるととんでもない事態を招きかねません。しかも必死で自己処理を終えても、約3日後には元気に生え戻ってきます。人間の生命力というか、再生力の恐ろしさですよね。

私としては、髪よりも早いスピードで生えてくるようにしか思えません。将来的にほとんど自己処理する必要性がなくなる、肌トラブルが少ないと考えると、やはり脱毛サロンの方が安心のように思えます。

脱毛サロンは脱毛のプロが実際に施術を行ってくれるので、素人感覚で覚えてきた自己処理方法よりもどこか信頼できますよね。脱毛サロンでも肌にレーザーを当てるなどのダメージは加わりますが、人間の毛が生えるという自然の流れに逆らうのですから当然ですよね。

自己処理と異なるのは、施術後にしっかりとしたアフターケアがあること、術後の過ごし方も丁寧に教えてくれることにあります。

金額は少々高いように感じてしまうかもしれませんが、2年後にほとんど毛が目立たなくなり自己処理の必要性がなくなった時の脱毛費用と、おばあちゃんになるまで毛を自己処理し続けるコストを考えたら、脱毛サロンのコストの方が安いかもしれません。使用頻度によりますが、800円程度の除毛クリームを全身に使ったら約2回でなくなると思います。

3日に1回と考えて1週間で1本使う計算となると、1ヶ月約3,200円の費用がかかります。全身脱毛の費用はサロンによって異なりますが、大体20万から30万程度と考えると、案外脱毛サロンの方が、コスパが良いことがわかります。

今自己処理をしている方は、今自分が使用している自己処理グッズの費用を計算し、10年または20年単位で計算してみてください。将来的なコストだけでなく、肌に優しくするためにも脱毛サロンの利用をおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る